MENU

フリーターでもローンは組める?フリーターはローンを組んではいけない理由

2019年03月12日更新

フリーターでも車や高額な商品を購入するときにローンを組みたいと思うときはあります。フリーターでもローンは組むことができるのでしょうか?でも、フリーターはローンを組んではいけない現実的な理由があります。

フリーターでもローンを組むことは可能

フリーターであってもローンを組むことは可能です。それなりの年収があり、家族などの保証人がいれば比較的ローンは組みやすいですが、銀行系のローンは難しいです。

また、フリーターのように信用度が低い人でも組みやすいローンがあります。もともとはサラ金系であれば非常に借りやすいですが、返済できなければ地獄です。

このようにピンきりにはなりますが、フリーターであってもローンを組むこと自体は可能です。

ローンは借金

フリーターはローンを組んではいけないとジョブインフォではおすすめしています。大きな理由としては「ローンは借金」だからです。

よく分割ローンにすると毎月の支払額が少ないので借金をしている感覚が少なくなりますが、ローンは立派な借金です。フリーターのように収入が安定していないのに借金をするなんてとても危険な行為なのです。

利子や延滞金もかかる

一括払いであればいいのですが、分割払いにすると利子も余分にかかります。生活が厳しいからローンをしたのに利子でさらに生活が厳しくなってにっちもさっちもいかなくなったという人は多いです。

また、ローンを支払えなくなると高額な延滞金がかかります。そして借金は膨れ上がっていき、ヤミ金ウシジマくんのような結末を迎えてしまうのもよくある話なのです。

ローンは正社員になってからにしよう

正社員になればフリーターのときよりも毎月の収入が安定します。社会的信用も高くなるのでまともなローンも組みやすくなります。

「ローンは正社員になってから」と覚えてください。正社員になって生活が安定してからローンを組むのが安全です。

ただ、ローンは借金なのでローンをしなくても買えるくらいの経済力を持つのが一番おすすめです。住宅も住宅ローンを組まずにキャッシュで買えるならそれがベストなのです。

カードローン系のアフィリエイターに騙されるな

最後に、フリーターでも簡単に借りられると適当なアドバイスをするカードローン情報サイトがたくさんありますが、カードローン系のアフィリエイターに騙されてはいけません。

カードローンは高額なアフィリエイト報酬がもらえるので、本来借りてはいけないフリーターでもローンが簡単に組めるように誘導しているだけなのです。

とりあえず自分が儲かればいいというローン系アフィリエイターは多いので注意してください。正しい情報を取捨選択するのが大切な時代なのです。

まとめ

フリーターであってもローンを組むことは可能です。しかし、ローンは借金なのでフリーターのように収入が安定しないときに組むべきものではありません。

ローン返済には利子がかかりますし、返済できないと延滞金がかかります。ローンは正社員になって生活が安定してから組むのがおすすめです。

フリーターの就活支援サービスランキング1位

就職Shop
4.9
リクルート運営で安心!フリーターでも正社員になれる!

フリーターの就活支援サービスランキング2位

JAIC
4.6
就職講座が人気!フリーターの就職率は80%超え!

フリーターでも利用できる転職サイト

リクナビネクスト
4.8
フリーターでも応募可能な求人多数!