MENU

既卒面接でよくある質問とは?既卒の面接対策

2019年04月05日更新

既卒になると新卒のときよりも面接で落とされやすい傾向にあります。そのため、既卒向けの面接対策を行うことが重要です。既卒の面接でよくある質問集や既卒向けの面接対策をご紹介します。

既卒の面接で定番の質問

まず、既卒の面接で定番となっている質問を見ていきましょう。答えにくい質問も多いので、事前に回答を準備しておくのがおすすめです。

既卒になってしまった理由は何ですか?

「既卒になってしまった理由は何ですか?」
「なぜ新卒で就職しなかったのですか?」

既卒が面接を受けるときに一番多い質問です。上手に回答をしないとネガティブな印象を与えてしまうので、面接で落とされる原因となりやすい質問です。

既卒になった理由を正直に伝え、他責ではなく自責で既卒になってしまった反省や改善点を伝えることが重要です。

既卒になった理由の回答方法の詳細は、「面接で「既卒になってしまった理由は何ですか?」と質問されたときの答え方」を参考にしてください。

空白期間は何をしていましたか?

「既卒になってからの空白期間は何をしていましたか?」

と既卒になってから何をしていたのかを質問されることも多いです。就職活動をしていたのか、アルバイトはしていたのかなど、既卒になってから何をしていたのかなどが気になるからです。

既卒になってから何もせずにダラダラしていたという印象を与えないような回答を心がけてください。また、空白期間の活動を通じて成長していることをアピールするとよいでしょう。

「既卒になってからは正社員を目指すために就職活動に専念をしていました。これまでに数社から内定をいただくことができました。」
「既卒になってからは飲食店でアルバイトをしながら、就職活動を行っていました。アルバイトでは接客を担当することでコミュニケーション能力を磨いています。」
「既卒になってからは○○の資格取得を目指し、学業に専念をしていました。先月無事に○○の資格取得ができたので就職活動を再開しました。」

志望動機

志望動機は面接で定番の質問です。既卒でも既卒じゃなくても質問される項目です。企業分析をしっかりと行い、志望度の高さや熱意が伝わるような志望動機を伝えましょう。

また、「正社員になりたい」「既卒から抜け出したい」というふざけた既卒特有の回答をしないように注意しましょう。新卒採用のときよりもしっかりとした志望動機を答えることが必要です。

志望動機の回答方法の詳細は、「既卒向けの志望動機の書き方・例文」を参考にしてください。

自己PR

既卒の面接でも自己PRは定番の質問となっています。既卒になったからと卑下することなく、自分の強みをしっかりとアピールしてください。

自分の強みをアピールするだけでなくエピソードをセットにして、自分の強みが本当だということを証明しましょう。

自己PRの回答方法の詳細は、「既卒向けの自己PRの書き方と例文」を参考にしてください。

自己紹介

面接の冒頭に自己紹介を求められることは多いです。名前を伝えるだけでなく、最終学歴や既卒になってから何をしていたのかなどを簡潔に伝えてください。

自己紹介の回答方法の詳細は、「既卒生が面接で自己紹介をするときのポイントと答え方」を参考にしてください。

逆質問

面接の最後で「何か質問はありませんか?」と逆質問を求められるケースは多いです。逆質問をしないと志望度の低さが疑われることが多いです。

また、きちんと企業分析をしていればいくつも質問したいことが出てくるはずです。2~3個は逆質問を準備しておきましょう。

逆質問の仕方は就職活動や転職活動と変わらないので「面接で逆質問をするときのポイントとおすすめの質問例」を参考にしてください。

上記以外にも面接では様々な質問をされます。全ての質問を対策することは難しいですが、どんな質問が多いのかを知っておくと対策をしやすくなります。「就活の面接でよくある質問例」も参考にしてください。

既卒が面接に合格するためのポイント

次に、既卒が面接に合格するためのポイントを見ていきましょう。

服装・身だしなみマナーを守る

既卒になってしまうと新卒採用のときより服装や身だしなみを守れていない人が目立ちます。新卒採用と同じようにリクルートスーツを着用し、さわやかな印象を与えるリクルートヘアを心がけましょう。

リクルートスーツでOK?既卒が面接を受けるときの服装・身だしなみの基本マナー」も参考にしてください。

面接の練習をする

新卒採用のときに内定がもらえずに既卒になってしまった人は面接対策をしっかり行っていないことが多いです。

面接は練習をすれば合格率が高くなるので、面接を受けるまでに模擬面接を行うようにしましょう。面接に詳しい人に面接官をお願いしてみましょう。

面接対策を受ける

面接の練習をする必要性はわかるけど、自分だけでは面接の練習をしようがないと思う既卒生は多いです。

実際のところ自分だけでは面接対策をしようにも限界があるのが正直なところです。そこで既卒の人におすすめしたいのが、既卒専門の就活支援サービスを利用して面接対策を受けることです。

プロのキャリアアドバイザーが完全無料で面接対策を行ってくれるので、面接の合格率が非常に高くなります。

既卒から正社員を目指せる!既卒におすすめの就職支援サービス(就活サイト)ランキング」も参考にしてください。

まとめ

既卒は新卒のときよりも面接で落とされやすいので、しっかりと面接対策を行うことが重要です。

「既卒になった理由」
「空白期間に何をしていたか」
「志望動機」
「自己PR」

などの質問は既卒の面接で定番となっています。事前に回答を準備しておけば、面接に合格しやすくなります。

また、面接ではしっかりと服装・身だしなみマナーを守り、面接の練習をしておくのがおすすめです。

面接が苦手で自分で練習や対策をするのに限界を感じている人は、既卒専門の就活支援サービスを利用して無料で面接対策を受けるのがおすすめです。

既卒の就活支援サービスランキング1位

就職Shop
4.9
リクルート運営で安心!既卒から正社員になれる!

既卒の就活支援サービスランキング2位

JAIC
4.6
既卒向けの就職講座が充実しており就職率は80%超え!

既卒でも利用可能な転職サイト

リクナビネクスト
4.8
既卒でも応募可能な求人多数!