MENU

スーツにベルトをしないのはマナー違反?ベルトなしではいけない理由

2016年12月16日更新

スーツを着るときにベルトをしますが、スラックスのサイズがぴったりの場合ベルトなしでもよいと思いますよね。でも、スーツ着用時にベルトをしないのはやめましょう。スーツ着用時にベルトなしではいけない理由を紹介します。

ベルトループがあるならベルトをつけよう

ベルト

スラックスには、ベルトを通す穴であるベルトループがついています。ベルトループがついているスーツで、ベルトをしていないと、ベルトループが見えてしまいだらしないです。ベルトループがついているスーツであれば、ベルトをするのが基本です。

ベルトをするとかっこいい

スーツでつけられるアクセサリーは時計、ポケットチーフ、タイピン、ベルトのように限られています。その中でブランドベルトや質の良い革ベルトをすると見た目にもかっこいいです。特にブランドベルトはバックルをみればブランドロゴがわかるので、おしゃれに見え、かっこいいです。

ワイシャツの裾が出にくくなる

ベルトの役割は、服のずれを防ぎ、固定することです。そのため、ベルトをすることで、ワイシャツの裾がスラックスが出にくくなります。

ボタンがとれた時にも役立つ

ベルトには見た目だけでなく、リスク管理にも役立ちます。歩いているときに、いきなりスラックスのボタンが取れてしまったらどうしますか?ベルトがなければ、ずっとスラックスを持っていなければいけません。気を抜いたらパンツが見えてしまい、不審者扱いされてしまいます。でも、ベルトがあれば、スラックスのボタンが外れても何とかなります。スラックスのボタンが取れてしまう可能性は低いですが、ボタンが取れることはあります。もしものときにも、ベルトは役立つのです。

おしゃれとビジネスは分けよう

おしゃれ上級者であればベルトなしでもよいケースはありますが、基本的におすすめしません。おしゃれとビジネスは分けて考えましょう。スーツ以外のカジュアルな服装であれば、ベルトなしでも構いませんが、スーツを着たときはベルトをしましょう。

スーツにベルトを必ずするといったルールがあるわけではありませんが、見た目をよくするため、ボタンが取れてしまったときにも役立つので、スーツを着るときは、スラックスのサイズがぴったりでもベルトをするようにしましょう。

あわせて読みたい

前の記事

登録カテゴリ

おすすめ記事