MENU

スラックス(スーツパンツ・ズボン)サイズの合わせ方

2016年12月16日更新

スラックス(スーツのパンツ・ズボン)のサイズ合わせは、ウエストサイズと裾丈が重要ですが、それ以外にもタック、裾幅を考えることが重要です。スラックスのサイズの合わせ方を紹介します。

ウエストサイズ

サイズが合ったスラックス

まずは、ウエストサイズを計測しましょう。メンズスーツサイズの測り方・選び方を参考に、自分の体型区分を知っておくと、ウエストサイズが合わせやすくなります。

次に、ウエストサイズを合わせます。ウエストサイズが合っているのにスラックスがきつい場合は、ヒップサイズで合わせます。

ワンタック

次に、ウエスト・ヒップ回りの余裕を調整するタックを選びます。基本的にはワンタックにしますが、細身のスーツであればノータックでもよいでしょう。ただし、カジュアルな印象を与えやすくなるので、ワンタックを選ぶのがおすすめです。

裾幅

タックを決めたら、パンツの裾の太さである裾幅を調整します。細い裾幅はトレンドですが、カジュアルな印象を与えるので、20cm以上の標準的な裾幅にするのがおすすめです。

裾丈

最後に、スラックスの長さ(裾丈)を調整します。靴の底から裾まで3~4cmの長さが目安となっています。ただし、履いている革靴の高さ、裾幅の太さによって最適な裾丈は変わるので、いつも履いている革靴で裾丈を合わせましょう。

裾上げ

後は自分の好みに合わせて、裾上げをシングルかダブルにして、裾丈を調整しましょう。

それ以外にも、股上の長さでも印象が大きく変わります。ジャケットに比べるとサイズ合わせのポイントは少ないですが、全体の統一感が重要です。スーツ店の人にアドバイスをもらいながら選ぶか、オーダースーツで自分に合ったスーツを作るのがおすすめです!

あわせて読みたい

登録カテゴリ

おすすめページ