MENU

ビジネスシーンでのスラックスの最適な裾幅は何cm?スーツパンツの裾幅の合わせ方

2016年12月16日更新

スラックスのサイズを合わせる際に、ウエストサイズや裾丈以外にも、裾幅を合わせる必要があります。最近では細い裾幅のスーツパンツも増えてきましたが、ビジネスシーンでのスラックスの最適な裾幅は何cmくらいなのでしょうか?

ビジネスシーンにおける標準的な裾幅は?

スラックスの最適な裾幅

スラックスの最適な裾幅は、その人の体型や足の太さ、タックの有無によって変動しますが、一般的なビジネススーツ用のスラックスでは20~22cm前後が標準的な裾幅となっています。

細い裾幅はトレンド

最近のトレンドとして、18~20cm前後の細い裾幅のスーツパンツが増えています。裾幅が細いため、裾丈が短めとなっています。ただし、若者っぽさやカジュアルさが増すので、30代以上の場合は、20cm以上の裾幅にしたほうが無難でしょう。

最適な裾幅は人ぞれぞれ

体型や足の太さによって、最適な裾幅は変化します。自分にあった最適な裾幅をスーツ店で選んでもらうと失敗がありません。

オーダースーツがおすすめ

オーダースーツなら、既成品と違い自分に合ったスラックスの裾幅にすることができます。生地ブランドにこだわらなければ、5万円前後で作ることもでき、既製品のスーツを購入するよりもおすすめです。

スラックスの最適な裾幅は、体型、足の太さ、タックの有無によって変わるので、よくわからない場合はスーツ店で確認しましょう。

あわせて読みたい

登録カテゴリ

おすすめページ