MENU

スラックスにおすすめの素材・生地は?【ウール・コットン・ポリエステル】

2016年12月16日更新

ビジネスシーンに欠かせないスラックス。スーツはウール素材が基本のため、スーツジャケットとスラックスをセットで購入するのであれば「ウール」が基本ですが、スラックス単体で購入する場合も「ウール」を選ぶべきなのでしょうか?スラックスにおすすめの素材・生地について紹介します。

単体で買うならウール以外でもOK

スラックスを単体で購入する場合も、スーツの素材としてよく利用されるウールがおすすめですが、素材は必ずしもウールでなくても構いません。

基本的には上記にある「ウール」「コットン」「ポリエステル」「各素材の混合タイプ」がおすすめです。

ウールのメリット・デメリット

ウール

ウールは、スーツにおすすめの素材で、見た目がよくしわになりにくいなどのメリットがあります。一番のデメリットとしてはクリーニングが必要なため家で洗濯ができないことです。夏場は暑いのでサマーウールのスラックスがおすすめです。

コットンのメリット・デメリット

コットン(綿)

コットン素材は、通気性がよく洗濯ができるため、夏におすすめの素材です。ただし、しわになりやすいです。

ポリエステルのメリット・デメリット

ポリエステルの生地

ポリエステル素材のメリットは洗濯ができ、シワになりにくいことです。一方、蒸れやすく、見た目がテカテカして安っぽく見えるというデメリットもあります。夏は避けたい素材です。

混合タイプ

混合タイプは、各素材のメリットをうまく活かすことができます。

どの素材もメリット・デメリットがあります。詳しい素材の説明は、「洋服に利用する主な天然・化学繊維」を参考にしてください。

おすすめ生地は?

おすすめの生地は選ぶ素材(主に毛織物か綿織物)によって変わります。選ぶ生地の種類や季節によって生地を変えるとよいでしょう。夏場であれば、ローンやトロピカル生地がよいでしょう。

詳しい生地の紹介は「生地・織物の種類【綿織物・毛織物・麻織物・絹織物】」を参考にしてください。

また、ウール素材でブランド生地にこだわるのであれば、ゼニア、ドーメル、カノニコあたりがおすすめです(オーダースーツでセットもしくはスラックスだけ注文)。

まとめ

スラックスの素材も基本は「ウール」と知ったうえで、自分が求める機能性や季節に応じた素材・生地を選ぶのがおすすめです。

あわせて読みたい

おすすめページ

登録カテゴリ