MENU

ノータック?ワンタック?スラックス(スーツのパンツ)のタックの選び方

2016年12月16日更新

スラックス(スーツのパンツ・ズボン)を選ぶ際に悩むのがタック選びです。ノータックにするべきなのか、ワンタックにするべきなのか悩みますよね?今回はスーツスラックスでタックを選ぶコツを紹介します。

タックとは?

タックとは、ズボン前側にある生地を畳んだヒダヒダの部分です。タックがないものをノータックといい、タックが1本入っている場合ワンタック(1タック)といいます。タックが多いほど、ウエスト・ヒップの腰回りや裾幅に余裕ができるため動きやすくなります。

また、外側にたたまれているタックをアウトタック、内側にたたまれているタックをインタックと呼びます。

ノータック

ノータックのスラックス

タックがないため、スラックスの裾幅は細くなる傾向があります。スーツでもジャケットスタイルでも対応でき、細く見えるのが特徴です。タックがない状態で動きやすさを確保するため、ウエスト位置が低く作られていることが多いです(ローウエスト)。細身であればノータックを選ぶとよいでしょう。細く見えるためカジュアルな印象を与えやすくなります(現在のトレンドのため)。

ワンタック

ワンタックのスラックス

標準的なタックで、タックが左右に1本ずつ入っています。スラックスの裾幅は標準的な太さとなる傾向があります。クラシカルなスーツはワンタックであることが多いので、どんな場面でもオールマイティーに使えます。ノータックによる果樹穴印象を与えたくない場合は、スポーツマン体型やヒップが大きい人にもおすすめです。

ツータック

ツータックのスラックス

タックが左右に2本ずつ入っています。スラックスの裾幅は太くなる傾向があります。かなりゆとりがあるので、太っている人はツータック以上にすることが多いです。

ノータックかワンタックがおすすめ

基本的にノータックがワンタックがおすすめです。細身であればノータック、標準的な体型であれば、ワンタック、太めの人は、ワンタック以上にしましょう。細身だけれどカジュアルな印象を与えたくない人、ノータックかワンタックか決められなければワンタックにするのが無難です!

基本的には自分の体型や好みに合わせてタックを選びましょう。オーダースーツを作れば、自分に合ったタックを選んでもらえます。自分で決められない人はオーダースーツで自分に合ったタックを選んでもらいましょう。

あわせて読みたい

おすすめページ