MENU

スラックスのウエストサイズの選び方【既成品のスーツパンツならサイズ直しで調整しよう】

2016年12月16日更新

スラックス選びで重要なのがウエストサイズです。ウエストサイズが合っていないと、履き心地が悪いだけでなく、印象も悪くなります。スラックス選びで知っておきたいウエストサイズの選び方を紹介します。

ウエストサイズを測る

ウエストサイズを測る

まずは、ウエストサイズを計測しましょう。メンズスーツサイズの測り方・選び方を参考に、自分の体型区分を知っておくと、ウエストサイズが合わせやすくなります。

スラックスのサイズは主にウエストで決まります。スーツ店に行けば、採寸してもらえます。ベルトをした状態でスラックスのサイズが合っていれば、シワもなく、タックやポケットも開きません。また、座った状態でもシワが少なくきれいに見えます。タックやポケットが開くようであればサイズが小さく、シワができるのであればサイズは大きいです。

ゆとりも必要

スラックスを履いて、自分の手がスラックス内に入るゆとりがあればちょうどいいサイズです。

腰の位置で合わせる

腰の位置で合わせたスラックス

スラックスを履くときは、腰の骨を目安に履きます。腰骨より高かったり、腰パンのように低くなってはいけません。

お尻のサイズ

スーツを着た男性のお尻

お尻が大きいと、ウエストサイズが合っていてもスラックスがきついケースがあります。ヒップサイズは個人差があります。スーツ店でヒップサイズを基準にスラックスを選んだあと、ウエスト直しをしてサイズ調整をしましょう。

既製品のスーツでも、4~5cm程度ウエストサイズを詰めたり、ゆるくすることができます。スポーツマン体型の人は、お尻のサイズが大きくなりがちなのでお尻のサイズにも注意しましょう。

サイズが合わない場合はウエスト直しを

既製品のスーツの場合は、73cm、76cm、79cmと言ったようにメーカーや店舗によってサイズが決まっているため、ぴったりのサイズのスラックスが見つからない場合があります。スラックスのウエストサイズと自分のウエストサイズに合わない場合は、ウエスト直しを行いサイズ調整を行います。±5cm程度のウエスト調整が可能です。

スラックスのウエストがきつい場合は、ウエストを広げてもらいます。スラックスの腰回りが緩い場合は、ウエストサイズを詰めてもらいましょう。

スーツ・スラックスを注文した店舗でウエスト直しをお願いしましょう。

アジャスター付きのスラックスは?

スラックスの中には、ウエストサイズが調整できるアジャスター付きのスラックスもあります(主に礼服用です)。シーズン中に急激にウエストサイズが変わることは少ないため、通常のスラックスを選べばよいでしょう。

スラックスのウエストが合っていないと、着心地が悪いだけでなく、カッコ悪く見えます。また、スーツジャケットのウエストサイズを合わせることも重要です。自分のウエストサイズをきちんと把握して、自分のウエストに合うスラックスを選びましょう。

あわせて読みたい

おすすめページ