MENU

出張や旅行に便利!スーツがシワになりにくいたたみ方・持ち運び方【スーツケース・スーツカバー】

2016年12月16日更新

スーツを持ち運ぶ際に、正しいたたみ方や持ち運び方を知らないとスーツにシワがついてしまいます。

例えば、外回りで外出をしているときに、暑くてジャケットを脱いで行動することもあります。無造作にジャケット持ってしまい、後でシワがついていた…ということはありませんか?ジャケットを脱いだ時、シワにならないたたみ方があれば便利ですよね。

また、出張先や旅行先でスーツが必要な場合、スーツケースやキャリーケースにスーツを入れて移動します。しかし、スーツケースから取り出すと、スーツにシワがついてしまっていた経験はありませんか?また、ハンガーにかけた状態で持ち運びができるスーツカバー(ガーメントバッグ)で移動したら、これまたスーツにシワがついてしまっていたという経験はありませんか?

今回は、スーツを脱いだ場合、スーツケース・スーツカバーで持ち運ぶ場合に役立つ、スーツがシワになりにくいたたみ方と持ち運び方を紹介します。

ジャケットを手で持ち運ぶ場合のたたみ方

外出中に汗が出るほど暑いときや、スーツを着たまま出張する場合など、ジャケットを手で持ち運ぶケースは多いですよね。乱雑に持っていると、ジャケットにシワがつきやすくなってしまいます。そこで、おすすめなのがこのたたみ方です。

1. 背中を中心に半分に折る

ジャケットを半分に折って両手で持つ

まず、背中を中心にジャケットを半分に折ります。このときに、右肩と左肩部分が重なるようにします。両手でジャケット内側の肩部分を入れて、肩部分を重ねましょう。

2. 片方の肩を裏返して、もう一方の肩にかぶせる

スーツの肩部分を裏返す

スーツの肩部分を裏返す2

次に、どちらか片方の肩部分を裏返して、もう一方の肩にかぶせます(重ねるイメージです)。

スーツの上襟を伸ばす

このときに上襟部分を伸ばしておきます。

スーツの上襟を伸ばした状態

3. 半分に折りたたむ

スーツを半分に折りたためば完成

この状態で半分に折りたたんで、腕にかければ完成です。腕にかけずに畳んで置いておくと、ハンガーがないときにも役立ちます。

スーツケースで持ち運ぶ場合の簡単なたたみ方

スーツケースやキャリーケースに、スーツを畳んで持ち運ぶ場合の簡単なたたみ方を紹介します。畳むその前に、スーツケースにはスーツを収納できる十分なスペースを確保してくださいね。スーツケースがギュウギュウだと、スーツにシワがつきやすくなります。

1. 手で持ち運ぶ場合と同じようにジャケットを折りたたむ

簡単なたたみ方は、先ほど紹介した「ジャケットを手で持ち運ぶ場合のたたみ方」をまず行います。

2. スラックスを半分にたたむ

スラックスを半分にたたむ

次に、スラックスを半分にたたみます。

3. スラックスにクッションを置く

スラックスにタオルなどを置く

スラックスにシワができないように、クッションとなるもの(洋服やタオルなど)を置きます。

4. スラックスを畳む

スラックスをたたむ

クッションを丸めていくイメージでスラックスをたたみます。

スラックスを3つ折りでたたむ

3つ折りにするのがおすすめです。クッションがあることでスラックスにも折り目がつきにくくなります。

5. スラックスをジャケットに入れる

スラックスをスーツに入れる

折りたたんだジャケットの間に、折りたたんだスラックスを入れます。スラックスがクッションがわりとなり、ジャケットにも折り目がつきにくくなります。

この方法であれば、1つたたみ方を覚えれば、簡単に対応ができるのでおすすめです。

スーツカバーで持ち運ぶ場合のたたみ方

スーツケースを使うほどではないけど、直接スーツを着ていくのもためらう場合は、スーツカバーでスーツを持ち運びましょう。スーツを購入したときにもらったハンガーを入れる袋のことです。もしなければ、100均ショップでも売っています(ガーメントバッグでもOKです)。スーツカバーの種類によって、多少たたみ方は異なりますが、基本的なたたみ方を紹介します。

1. スーツをハンガーにかける

スーツをハンガーに掛ける

まず、スーツをハンガーにかけます。

2. スーツカバーにハンガーを入れる

スーツカバーにハンガーを入れる

スーツカバーにハンガーを入れる、もしくは、かける場所があるので、そこにハンガーを通します。

3. スーツカバーを閉める

スーツカバーをしめる

次に、スーツカバーを閉めていきます。チャックかボタンでカバーを閉めます。

4. スーツカバーを折りたたむ

スーツカバーをおりたたむ

スーツカバーを折りたたみ、チャックかボタンで閉じ、持ち運べるバック状態にすれば完成です。折りたたむときに、雑にたたむとスーツにシワができるので丁寧に折りたたみましょう。

スーツカバーの完成!

5. 移動中にも注意

スーツカバーは気軽に持ち運びができ便利です。ただし、移動中の置き方や置き場所によってもシワがつきやすくなるので、シワがつかないように注意しながら持ち運んでください。

コンパクトに畳みたい場合

コンパクトに畳みたい場合は、くるくる丸めて畳む方法もあります。詳しくは発案者のYou Tube動画で確認してください。よくこんな方法思いついたよなぁ…

1. スーツを裏返す

まず、スーツの片側を裏返します。そして袖を反対側に通します。

2. スーツにクッションを置く

裏返したスーツの中にクッション(洋服やタオルなど)を置きます。

3. スーツを丸める

クッションを丸めこむように、スーツを丸めていけばコンパクトになりました!

4. スラックスを半分に畳む

次にスラックスです。スラックスをまず半分に畳みます。

5. スラックスにクッションを置く

スラックスの片側にクッション(洋服やタオルなど)を置きます。

6. スラックスを丸める

クッションを丸めこむように、スラックスを丸めていけばコンパクトになりました!

スーツケースにスペースがないときに便利なたたみ方です。

ワイシャツのたたみ方も覚えておこう

スーツと一緒にしまうことが多いワイシャツのたたみ方も一緒に覚えておきましょう。

スーツがシワになりにくいたたみ方をマスターして、外出時の持ち運びや出張でもスーツがシワにならないようにしましょう。それでもシワがついてしまった場合は、スーツのシワ対策を参考にしてくださいね。急な出張でも対応できるシワ伸ばし方法がわかりますよ。

あわせて読みたい

登録カテゴリ

おすすめページ