MENU

消臭スプレーは有効?スーツの臭いを消す方法【汗・タバコ・焼肉・カビなどの匂い対策】

2016年12月16日更新

スーツは洗濯ができないため臭いが気になりますよね。汗、タバコ、焼き肉などの食べ物の臭いなどいろんな臭いがつき、なんともいえない臭いになっているスーツも多いですよね。しかしスーツの臭いがついたらクリーニングに出しているのでは、お金もかかるし、スーツの寿命も短くなってしまいます。しかも、スーツの臭いの主な原因となる汗は通常のドライクリーニングではとれません。今回は、クリーニングに出さなくても簡単にできる、スーツの嫌な臭いを消す方法を紹介します。

おすすめの方法

スーツの臭いを取るのにおすすめな方法を紹介します。

1-1. ブラッシングをする

下から上にブラッシング

直接的な臭いを取るわけではありませんが、スーツの繊維にたまった汚れ・ホコリをブラッシングで落としていきます。

1-2. 汗を拭き取る

タオルで汗を拭く

スーツを着ると、脇、襟、袖周りを中心にスーツに汗がつきやすくなっています。スーツの匂いの多くは、汗の匂いです。そこで、50度ほどのお湯で硬く絞ったタオルで汗を拭き取ります。汗の臭いがつきやすい場所を中心に、濡れタオルを軽く押し当ててスーツの汗を拭き取りましょう。

1-3. スーツを着たら干す

スーツを着たあとは、風通しの良い場所で陰干しをしましょう。陰干しをすると、風で嫌な匂いも飛んでいきます。風通しがよければ室内干しでもOKです。湿気が取れることでカビを防ぐ効果もあります。

1-4. 霧吹きスプレーをかける

ジャケット背中についたシワを霧吹きスプレーで伸ばす

スーツを陰干しする際に一緒に行ってもらいたいのが、霧吹きスプレーでスーツに湿気を与えることです。風通しの良い場所で陰干しをすると臭いが取れるだけでなく、シワも伸びます。霧吹きスプレーは100均でも売っています。

その他の方法

おすすめの方法を実践すれば、かなりスーツの臭いを取ることができます。もちろん、それ以外にもスーツの臭いを取る方法があるんので紹介します。

浴室に干す

お風呂に入った後、シャワーを浴びた後の蒸気が充満した浴室に干してスーツに湿気を含ませます。上記の量にもよりますが、15~30分ほど浴室に干します。その後、一晩外に干したり、風通しの良い場所で陰干しをしましょう。さらに、シワまで取れます。出張中のホテルでも使えるテクニックです。霧吹きスプレーと同じ理屈のテクニックです。

スチームアイロン

スチームアイロンでスチームをかけると、スーツの匂いが蒸気と一緒に飛んでいきます。臭いが強い部分を集中的に消臭できるので便利です。脇の匂い(ワキガなど)が気になってしまう人におすすめの方法です。

消臭スプレー

ファブリーズやシワ伸ばしスプレーなど消臭・防臭効果のあるスプレーも効果的です。ただし、芳香剤の匂いがきついと着続けたスーツ特有の変な匂いがするので、スプレーの匂い選びには注意しましょう。短時間で消臭・防臭対策をしたいときにおすすめです。

ドライヤー

短時間で匂いを消臭したい場合は、冷風ドライヤーでスーツ表面の匂い成分を飛ばします。完全な消臭とはなりませんが、短時間で消臭したいときに便利です。扇風機でも代用可能です。

スーツに匂いをつけないことも大切

スーツに匂いがつかないように行動することも大切です。

ジャケットを脱ぐ

汗の匂いがつきにくいように、移動中やオフィスワーク中にジャケットを脱ぐことが有効です。電車や歩いている最中は、汗をかきやすいのでジャケットを脱ぎましょう。

タバコを避ける

タバコのにおいを避けるためには、まずタバコを吸わないこと、禁煙の飲食店を選ぶことが重要です。

臭いがつきやすい飲食店を避ける

ランチや飲みで食べ物の匂いを避けるためには、飲食スペースと調理スペースが分かれているお店を選ぶようにしましょう。筆者はスーツに匂いがつくのがいやなときはお寿司屋さんに行くようにしています。

私服に着替える

焼肉屋さんや焼き鳥屋さんにいくときは、私服に着替えるのがおすすめです。私服に着替えることが難しい場合は、匂いが付きにくそうな場所にジャケットやネクタイをかけましょう。強者はスーツを折りたたんで、ビニール袋にいれて匂いがつかないようにするそうですが、かなり有効な手法ですね。

スーツの匂いを取る方法はたくさんあります。ちゃんとスーツの匂いケアをするだけで、クリーニングの回数も減らすことができます。スーツのシワ伸ばし方法とあわせて、できそうなことから臭い対策をしてみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい

おすすめページ

登録カテゴリ