MENU

ブラッシングにもコツがある!スーツを長持ちさせる洋服ブラシのかけ方

2016年12月16日更新

スーツの手入れの重要性を理解しているビジネスマンは多いです。しかし、スーツのブラッシングをしている人はそれほど多くありません。実は、洋服ブラシをかけるだけで、スーツは長持ちします。スーツのホコリを落とし、毛玉もできにくくなります。スーツをブラッシングする重要性とスーツが長持ちする洋服ブラシのかけ方を紹介します。ブラッシングはスーツ以外の洋服でも応用できるのできっちりマスターしましょう!

スーツをブラッシングする意味

スーツを着用すると、車の排気ガス、砂や泥、花粉など見えないホコリがスーツにたまっていきます。一日外出した後に顔を拭くと黒い汚れがつきますよね。これと同じで、スーツにもたくさんの汚れがついているのです。ブラッシングをすることで、スーツ繊維の奥にたまったホコリをかき出し、スーツを長持ちさせることができます。

また、ブラッシングをすることで、スーツの生地の繊維の流れを整えることができます。すると、ウールの毛並みが揃い光沢が生まれ、見た目がよくなります。さらに、ブラッシングで繊維の絡まりや毛羽立ちがなくなるため、毛玉もできなくなります。

さらに、ブラッシングする過程でスーツをよく見ることになるため、スーツについた汚れやシミを発見しやすくなります。

このようにスーツをブラッシングする習慣をつけると、ホコリによるダメージが少なくなり、毛玉ができにくくなるため、クリーニングの回数も少なくなり、スーツを長持ちさせることができます。

ブラシのかけ方の基本

スーツブラッシングの基本は、ジャケットとスラックスを別々にハンガーにかけた状態で、生地の縫い目に沿って上から下に向かってブラッシングを行い、ホコリをかき出し、毛並みを整えていきます。

ジャケットのボタンを留めておくと、ブラッシングの力でジャケットが下に落ちることはなくなります。また、スラックスは、挟むタイプのハンガーにかけるとブラッシングがしやすいです。

もちろん、ハンガーに掛けなくてもホコリを拭いた後の床でブラッシングをかけても問題ありません。

スーツに湿気がある場合

スーツに湿気がたまっているときは、湿気による水分でホコリが取れにくいので、スーツを風通しの良い場所で陰干しをしてからブラッシングを行います。時間があれば、少し湿気を飛ばしてからブラッシングをするのがよいでしょう。

上から下にブラッシング

ホコリを効率的に落とすために、スーツの上側から下側に向かってブラシをかけていくのが基本です。

上から下にブラッシング

下から上にブラッシング

ラペル、肩、前身ごろ、後ろ身ごろ、袖、ポケットなど上から下を基本にブラッシングをしていきます。

こすらずに払う

スーツをブラッシングするときにやりがちなミスが、スーツ生地をこするようにしてしまうことです。手首をまわして払う(スナップを効かせる)のが基本です。平野ブラシさんのブラッシングのかけ方も参考になります。商品ページの下にある「洋服ブラシの使い方」部分に説明があります。

しっかりとブラッシングをするなら?

しっかりとブラッシングをする場合は、上から下へブラッシングを行う前に、下から上にブラッシングを行います。こうすることで、スーツの奥に入ってしまったホコリもかき出すことができます。きちんとスーツの手入れをしたいのであれば「下から上にブラッシングをかけて繊維の奥に入ったホコリをかき出した後に、上から下にブラッシングをかけ、ホコリを払い、毛並みを揃える」のがおすすめです。

襟裏にもブラッシング

襟裏もブラッシング

襟裏にも、ホコリやフケがたまりやすいです。襟を立ててしっかりと襟裏もブラッシングしましょう。

ラペル裏もブラッシング

ラペル裏もブラッシング

襟裏同様、ラペル裏(下襟)もホコリがたまりやすいので、忘れずにブラッシングしましょう。

ポケットの中もブラッシング

ポケットの中もブラッシング

忘れがちなのが、ポケットの中です。ポケット内部にもホコリがたまっているので、ポケットを裏返してブラッシングをしましょう。

スラックスの裾がダブルなら

ダブルはブラッシング必要

スラックスの裾がダブル仕立ての場合、折り返し部分にたまっているホコリもかき出しましょう。裾上げ方法がボタンタイプだと手入れは簡単です。

ブラッシングが終わったら陰干ししよう

ブラッシングが完了したら、風通しの良い場所でスーツを陰干しして、湿気を飛ばしましょう。シワがある場合は、霧吹きスプレーなどで湿気を与えてから陰干しします。

ブラッシング回数の目安

ブラッシングする回数の目安ですが、スーツを着たら必ずブラッシングをするのがおすすめです。毎回ブラッシングをするのは面倒という人は、2~3回着たら1回はブラッシングをするようにしましょう。

スーツ以外でもブラッシングをしよう

今回紹介したブラッシング方法は、スーツ以外の衣類にも応用できます。スーツ同様クリーニングに出しにくいウールやカシミヤセーター、コート、和服などもこまめにブラッシングしましょう。衣類の素材に合わせた洋服ブラシを選べば、生地が傷む心配もありません。素材別にスーツブラシを揃えるのが面倒くさい場合は、万能タイプの洋服ブラシを選ぶとおすすめです。どんな服でも気軽にブラッシングを行うことができます。イシカワブラシがおすすめですが手が出るお値段ではないので、平野ブラシの手植え水雷型を選ぶのがおすすめです。

スーツブラッシングの重要性がご理解いただけたかと思います。スーツに洋服ブラシをかけるだけで、スーツは長持ちし、クリーニングに出す回数も少なくなります。ブラッシングをしないと、どんな高級スーツやオーダースーツであってもすぐに傷んでしまいます。日々のブラッシングでスーツを長持ちさせましょう。

あわせて読みたい

おすすめページ

登録カテゴリ