MENU

豚毛?馬毛?スーツにおすすめな洋服ブラシの選び方【イシカワ・平野・KENT・江戸屋】

2016年12月16日更新

スーツの手入れで重要なのが「ブラッシング」です。ブラッシングをするためにはスーツ向けの洋服ブラシが必要です。豚毛と馬毛の毛による違いや、KENT、平野ブラシなどスーツの手入れに定評のある洋服ブラシのブランドなど、スーツ向けの洋服ブラシの選び方を紹介します。

素材の選び方

スーツに使う洋服ブラシの素材は、ナイロンなどの合成繊維ではなく、豚や馬などの天然毛を選ぶのがおすすめです。スーツの生地を傷めにくく、ホコリを集めてしまう静電気も起こりにくいです。洋服ブラシは天然の毛を利用した素材の物を選びましょう。

豚毛ブラシの特徴

豚毛は比較的硬めで、コシがあるのが特徴です。黒豚よりも白豚の毛のほうが一般的には柔らかいです。ちょっとスーツには硬い傾向があります。

馬毛ブラシの特徴

馬毛は柔らかく、きめ細かいのが特徴です。やわらかい素材のため、デリケートな衣類にも安心して使うことができます。

馬毛がおすすめ

一般的には豚毛も馬毛もおすすめと言われています。どちらも天然の毛のため静電気が起こりにくいため、ホコリがたまりにくいです。しかし、豚毛でも馬毛でも、実際はブラシに利用する毛の部位によって柔らかさが違います。そのため、メーカーや商品によって、豚毛か馬毛がおすすめなのかは変わります。

実際のところ、丈夫なスーツ(イギリス生地など)なら豚毛のブラシでも問題はありませんが、デリケートなスーツ(イタリア生地、カシミヤやピキューナなど柔らかい素材など)をブラッシングするなら、豚毛ブラシはおすすめしません。柔らかい馬毛のブラシを選ぶのがおすすめです。

また、最近のスーツはイタリア生地が主流となり、以前より生地がデリケートになっています。生地を傷めないためにも、柔らかい馬毛の洋服ブラシを選ぶのがおすすめです。また、柔らかい洋服ブラシであれば、スーツ以外の洋服やデリケートな素材の衣類にも洋服ブラシを使うことができます。どんな素材にも使える万能タイプの洋服ブラシがおすすめです。

おすすめのブランドは?

使う洋服ブラシで人気のブランドは、イシカワ、平野、KENT、江戸屋です。

イシカワブラシ

イシカワブラシ

最高級品の洋服ブラシを使いたいのであればイシカワブラシです。柔らかいと言われている馬毛(通常は本毛を利用)の中でも特に柔らかい「尾脇毛」を使っているのが特徴です。5万円越えはあたりまえ、10万円超えますが、柔らかいためどんな素材の生地にも安心してブラッシングをすることができます。お金があればおすすめです。

平野ブラシ

平野ブラシ

日本の老舗ブラシブランドです。高価格帯の手植えの洋服ブラシは馬毛が中心となっています。「手植え水雷型」ブラシは2万円程度と高いですが、毛の量が圧倒的に多く、最高級ブラシともいわれるほどです。スーツだけじゃなく、洋服ブラシにもこだわるならおすすめです。イシカワブラシに手が出ない場合は平野ブラシの水雷型がおすすめです!スーツ以外でも使えることができるので、洋服ブラシとしての活用もできて、日々のブラッシングを楽しめます。編集長は平野ブラシの水雷型を愛用しています。平野ブラシ直営ショップは楽天だけにあるので、ネットで買うなら楽天がおすすめです。

江戸屋ブラシ

江戸屋ブラシ

日本の老舗ブラシブランドです。洋服ブラシは豚毛が中心となっています。お値段もお手頃なので、1本目に買うのにもおすすめです。柔らかいスーツ生地でも安心して使うために、万能タイプかカシミヤ用のブラシがおすすめです。

KENTブラシ

KENTブラシ

KENT(ケント)社は、1777年創業のブランドでイギリス王室御用達の歴史あるブランドです。イギリス製のため豚毛が中心でしたが、馬毛のブラシもあります。値段も1万円以内でも購入でき、お手頃価格なので1本目を買うのにおすすめです。

洋服ブラシは、スーツの寿命を延ばす重要なアイテムです。スーツを着た後にきちんとブラッシングすることでクリーニング回数も減らすことができるます。また、頻繁に買い替えるものではないので、安いブラシを買うのではなく良質なブラシを買うのがよいでしょう。予算があれば最高級のイシカワブラシ平野ブラシの手植えタイプがおすすめです。

あわせて読みたい

前の記事

登録カテゴリ

おすすめ記事