MENU

スーツケアを徹底すればクリーニングは不要?【汚れの種類、ドライ・ウェットクリーニングの違い】

2016年11月30日更新

「スーツってクリーニングに出さなくちゃいけないの?」
「スーツをクリーニングしたら痛むからやめたほうがいいって聞いたけど…」
「日々の手入れしっかりしていればクリーニングはいらないって本当?」
「イタリア人はスーツのクリーニングしないって本気?」

といったように、スーツのケアを考えれば考えるほど、クリーニングをするべきなのかどうか悩んでしまいます。実際、日々のスーツケアを行えばクリーニングは必要ないという考え方もあります。スーツにクリーニングは必要なのでしょうか?不要なのでしょうか?

スーツにクリーニングは不要?

スーツの手入れがきちんとできていれば、スーツにクリーニングの必要はないとよく言われます。ブラッシングでスーツのホコリをかき出し、濡れタオルでスーツについた汗を拭きとればよいのです。

賛否両論はあるかと思いますが、スーツの手入れを徹底的に行えば、理論的にはスーツのクリーニングは不要となります。イシカワブラシさんドット・テーラーさんも同じような見解です。

クリーニングをするとスーツが傷む理由

一般的に、スーツはウール(羊毛)で作られています。このウール(羊毛)には、天然の羊の油が含まれています。この油分がスーツの艶や光沢を生み出しており、ウールが持つ抗菌・消臭効果を持つ自浄作用の役割も担っています。

しかし、クリーニングに出すことによって、ウールに含まれている天然の油が取れてしまいます。クリーニングを出す回数が増えるほど、天然の油分が少なくなり、スーツの艶、光沢、自浄作用効果もなくなっていき、スーツの生地が傷みやすくなっていきます。

スーツにつく汚れの種類

スーツにつく汚れは大きく分けて3種類あります。不溶性の汚れ、水溶性の汚れ、油溶性の汚れです。

1. 不溶性の汚れ

泥や車の排気ガスなどホコリが不溶性の汚れです。不溶性の汚れを落とすには、ブラッシングを丁寧に行うことです。そのため、ブラッシングはスーツの手入れで、かなり重要なのです。

2. 水溶性の汚れ

汗、おしっこ、飲食物などの汚れが水溶性の汚れです。水溶性の汚れを落とすには、水洗いが必要です。しかし、濡れタオル・蒸しタオルで拭き取れば、匂いや汚れも取れます。日々の手入れで、匂いや汚れがどうしても落とせなくなった時に、水洗いクリーニングを行えばよいのです。

3. 油溶性の汚れ

皮脂、油脂などの汚れが油溶性の汚れです。ドレッシング、マヨネーズ、ボールペン、口紅なども油溶性の汚れとなります。この油溶性の汚れに対しては、ドライクリーニングで落とす必要があります。長袖のワイシャツを着るなどすれば、スーツに油脂汚れがつきにくくなります。

ドライクリーニングとウェットクリーニング

スーツのクリーニングにはドライクリーニングとウェットクリーニング(ドライクリーニングに向かない素材を水洗いするクリーニング)があります。特に指定をしなければ、スーツをクリーニングに出したら、ドライクリーニングとなることがほとんどです。

ドライクリーニングとは

ドライクリーニングは、水ではなく石油系の有機溶剤でスーツを洗浄します。油で洗うので、油系の汚れには強く、水溶系の汚れには弱いです。

一方、ウール天然の油分が取れてしまう、水溶性の汚れが取れないといったデメリットがあります。そのため、汗などの水溶性の汚れが気になる場合に、ドライクリーニングをしてもあまり意味がありません。そればかりか、水溶性の汚れは蓄積され、スーツの寿命はどんどん短くなっていきます。

ドライクリーニングが主流の理由

では、なぜスーツのクリーニングでドライクリーニングが主流なのでしょうか?それは、スーツの型崩れや縮みが起こりにくいというメリットがあるからです。ウール素材のスーツを水で洗うと、縮みやすく型崩れが起きます。そのため、クリーニング店のアイロンがけなどの仕上げ作業も大変ですし、技術も必要となりますが、ドライクリーニングであればパートでも対応ができます。

次に、ドライクリーニングはまとめてクリーニングを行うことができるので、コストが安くなります。悪いクリーニング店だと、どろどろに汚れた有機溶剤を使いまわしていることもあるので、他の衣類の汚れが移っている可能性があります…

これらの理由から、ドライクリーニングが主流となっています。そのため油溶性の汚れを落としたい場合を除いて、スーツにドライクリーニングを行うことは基本的におすすめしておりません。

ウェットクリーニングとは?

ウェットクリーニングは、その名の通り、水でスーツを洗います。汗、飲食物の汚れなどの水溶性の汚れを落とすのに有効です。しかし、型崩れが起きやすい、生地が縮みやすい、アイロンがけなどの仕上げ作業が大変でクリーニング代も高いといったデメリットがあります。

また、クリーニング業者の技術によって仕上がりレベルに大きな差が出るので、クリーニング業者選びも重要となります。料金は高めで、信頼できるクリーニング業者を選びましょう。

日々のケアが大事

基本は水溶性汚れを日々の手入れでケアすることで、ウェットクリーニングをしなくてもいいようにすることが重要です。日々のケアでどうしても対応できない水溶性の汚れや、飲み過ぎて吐いてしまったとき(ゲロ)に、ウェットクリーニングを検討しましょう。

スーツを着たらブラッシングで不溶性の汚れを落とし、汗などの水溶性汚れは濡れタオルで拭き取ります。すると、油溶性の汚れがつかない限りは、日々のスーツの手入れでクリーニングに出す必要性がないことがわかります(スーツの汚れの多くは汗など水溶性の汚れで、油溶性の汚れが付くことは少ないです)。日々の手入れでどうしても落とせない汚れやシミ、カビなどに対して、クリーニングを行えばよいのです。

ジョブインフォでも実験中

ジョブインフォでも、現在スーツのクリーニングを1回も出さなくいいのかという実験を行っている最中です。実験対象としては、ゼニアのトラベラーズとドーメルのアマデウス365で実験中です。ルールは以下です。

2015年10月から開始していますが、今のところ臭い・汚れ・シワなど問題なくスーツを着用できています。

基本的には日々の手入れがきちんとできていればクリーニングに出す必要はありません。また、スーツの汚れの多くは汗などの水溶性の汚れなので、ドライクリーニングではなく、ウェットクリーニングを頼みましょう。油溶性の汚れを落としたい場合のみ、ドライクリーニングを選択するようにしましょう。

あわせて読みたい

おすすめページ

登録カテゴリ