MENU

シワが伸びるスラックスハンガーの選び方とかけ方【おすすめのボトムハンガーも紹介】

2016年12月16日更新

スラックスを1日中着ていると、膝裏やお尻周りを中心に着用ジワがつきます。生地が薄いスラックスだとシワがつきやすいだけでなく、シワもなかなかとれません。実はスラックスについたシワを伸ばすのにおすすめなハンガーとかけ方があります。今回は、スラックスのシワが伸びるボトムハンガーの選び方とかけ方を紹介します。

スラックスのシワを伸ばすコツ

着用したスラックスをスーツと一緒にハンガーにかけていませんか?実は、スラックスのシワを伸ばす簡単なハンガーのかけ方があるんです!しかも「スラックスを逆さに吊るす」だけなんです。ではどんなタイプのハンガーを選べばよいのでしょうか?

挟むタイプのハンガーを選ぶ

挟むタイプのハンガー

スラックスを掛けるタイプではなく、挟むタイプのハンガーを選びます。

スラックスのはさみ方・かけ方

スラックスのはさみ方・かけ方を紹介します。

ロックを外します

まずはハンガーを開きます。ハンガーをかけるフック部分でロックがかかっているので、フック部分を動かしてロックを外します。

スラックスを半分にたたむ

裾を挟むためにスラックスを半分にたたみます。

裾を挟む

次に裾を挟みます。

ハンガーに挟んで吊るすだけ

こんなかんじに挟むだけなので簡単です。こうやって逆さにスラックスを吊るすだけで、膝裏やお尻などについたシワが伸びやすくなります。

おすすめのボトムハンガー

パンツのシワ取りハンガーとして有名な商品ですが、ニトリのハンガーが95円(税別:2015年10月当時)で安くて便利です。筆者も3本くらい買いました。コスパのいいボトムハンガーを探している人におすすめです。近くにニトリがあれば、このハンガーは買うのがおすすめです。挟む部分にフェルトがついているので、スラックスの生地も傷めにくいです。

いいハンガーが欲しいなら

良いハンガーが欲しいならナカタハンガーがおすすめです。

シワが取れない場合は?

霧吹きスプレーをシワにかけよう

逆さに吊るしてもシワが取れない場合は、ぬるま湯を入れた霧吹きスプレーをシワ部分にかけます。そして風通しの良い場所で陰干しすれば、ほとんどのシワは取れます。

スラックスにシワがあるだけで、だらしないイメージになってしまいます。ハンガーのかけ方を変えるだけで、スラックスのシワを伸ばしやすくなります。アイロンをかける必要もなく、簡単なのでぜひお試しください!

あわせて読みたい

登録カテゴリ

おすすめページ