MENU

スリーピーススーツとは【ツーピーススーツとの違い・ベストボタンの留め方】

2016年12月14日更新

経営者や一流ビジネスマンがよく着ているのがベスト付きのスリーピーススーツ。通常のスーツ(ツーピーススーツ)に比べて、フォーマルでかっこいい印象を与えます。今回はスリーピーススーツとは何か、ツーピーススーツとの違い、ボタンの留め方などを紹介します。

ツーピーススーツ(通常のスーツ)との違い

スリーピーススーツ

3ピーススーツとは、通常のスーツであるジャケットとスラックスにベストが追加されたスーツセットです。三つ揃えスーツとも呼ばれます。ジャケット、ベスト、スラックスともに同一の布で仕立てられます。

2ピースのスーツ

一方、2ピーススーツはジャケットとスラックスのスーツセットです。一般的なベストのないスーツがツーピーススーツです。

スリーピーススーツのメリット

スリーピーススーツはベストがあるだけで、多くのメリットが生まれます。

ジャケットを脱いでもかっこいい

ジャケットを脱いでもベストがあることで、他の人と一線を画すことができます。

ネクタイとのコーディネイトがかっこいい

ネクタイをベストの下に隠すため、タイピンなどがなくてもひらひらしませんし、ベストとネクタイの色の組み合わせでさらにかっこよく見えます。

暖かい

ベストがあることで冬でも暖かいです。ただし、夏は暑い!

サスペンダーが隠せる

ベストを着用すれば、スラックスを吊り上げるサスペンダーが隠せます。

フォーマルシーンにもおすすめ

スリーピーススーツは、フォーマルなパーティーや祭典にもおすすめです。ツーピーススーツよりフォーマンな印象を与えることができます。

デメリット

ただし、スリーピーススーツにもデメリットがあります。それは、着る場所や人を選ぶことです。どうしても、新入社員の間はスリーピーススーツを着ると「あいつ決めすぎだよ」と思われることもあります。また、その人の役職にもよりますが、営業でスリーピーススーツを着ると、訪問先の企業風土によっては、フォーマルすぎる服装をしてきたと思われることもあるので、時と場合に合わせてスリーピーススーツを選ぶ必要があります。ただし、えらい役職であればスリーピーススーツを着ても特に問題はありません。

ベストの襟の有無

スリーピーススーツベストには襟付きと襟なしがあるのですが、どちらがいいでしょうか?結論どちらでも構いませんが、襟無しのほうが合わせやすいです。襟付きだと、クラシカルな雰囲気になります。

ジャケットボタンの留め方

スーツジャケットボタンの留め方と同じで、基本的には一番下のボタンは外します。

ベストボタンの留め方

ベストボタンは、ベストの仕立て方法によって留め方が変わります。一番下のボタンを留めるように作られたベストであれば一番下のボタンも留めます。

一番下のボタンを外すように作られたベストであれば、一番下のボタンは外します。これは、歴史的理由からです。

昔、イギリス王ジョージ四世が少しお腹が出ていたために、ベストの一番下のボタンをかけ忘れていたのですが、当時のファッションリーダーであったジョージ・ブライアン・ブランメルがジョージ四世に恥をかかさないために、自分もベストの下のボタンをはずしたことがきっかけで、ベストの一番下のボタンを外すのが一般的になったそうです。

オーダースーツがおすすめ

スリーピーススーツはオーダースーツがおすすめです。ベストを作るため、ツーピーススーツに比べて料金は高くなりますが、ベストのサイズ感などがぴったりで、よりかっこよく見えます。イージーオーダーなら5万円前後で作ることもできます。

かっこよくスーツを着こなしたい人はスリーピーススーツを検討してみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい