MENU

シングルスーツとダブルスーツの違いとボタン数別の種類

2016年12月14日更新

スーツを選ぶ際に「シングル」「ダブル」について悩むことはありませんか?シングルスーツとダブルスーツの違いを紹介します。

シングルとダブルの違い

シングルスーツとダブルスーツの違いは、ボタン配列です。

シングルスーツは1列

シングルスーツは前ボタン配列が1列で、定番のスーツです。ビジネスシーンでもフォーマルでも対応ができます。

ダブルスーツは2列

ダブルスーツは前ボタン配列が2列です。シングルよりも面積が大きいため体を大きく見せることができます。シングルスーツよりもフォーマルなイメージがあります。

若い人が自分をしっかりとした印象に見せるために着るのもおすすめです。営業で軽く見られないためにあえてダブルスーツを着る人もいます。

ダブルスーツはシングルスーツよりも体を大きく見せることができるため、太った人がおなかを隠すために着たり、経営者など偉い人が着るのがおすすめです。また、童顔の人が年齢を高く見せるためにも使えます。

ただし、着こなしはシングルスーツよりも難しいので、スーツ上級者になってからダブルスーツを検討するのが無難です。

シングルスーツのボタン数

2つボタンのスーツがトレンドです。ボタンの数によって、シングル1つボタン、シングル2つボタン、シングル3つボタン、段返りシングル3つボタン、シングル4つボタンと呼ばれます。

シングル1つボタン

スーツではほとんどみかけません。礼服・フォーマルスーツはシングル1つボタンが多いです。

シングルスーツ1つボタン

シングル2つボタン(主流)

シングルスーツで現在主流のボタン数です。

シングルスーツ2つボタン

段返りシングル3つボタン(主流)

こちらもシングルスーツで多いボタン数です。段返りになっているため第一ボタンはスーツの下襟(ラペル)に隠れています。

シングルスーツ段返り3つボタン

シングル3つボタン

シングルスーツの3つボタンの流行は去って、みかけることも少なくなりました。

シングルスーツ3つボタン

シングル4つボタン

4つボタンは筆者も実際に見たことはないです。

シングル4つボタン

ダブルスーツのボタン数

ボタンの数によって、ダブル2つボタン、ダブル4つボタン、ダブル6つボタン、ダブル8つボタン、ダブル10つボタンと呼ばれます。また、4つボタン以上は1つ掛け、2つ掛けなどが存在します。

ダブルスーツで主流のボタン数は、ダブル4つボタン、6つボタンです。

ダブル2つボタン

ほとんど見かけないボタン数のタイプです。

ダブルスーツ2つボタン

ダブルスーツ4つボタン1つ掛け(主流)

ダブルスーツで主流のボタンタイプです。

ダブルスーツ4つボタン1つ掛け

ダブルスーツ4つボタン2つ掛け(主流)

ダブルスーツで主流のボタンタイプです。

ダブルスーツ4つボタン2つ掛け

ダブル6つボタン1つ掛け

あまり見かけません。

ダブルスーツ6つボタン1つ掛け

ダブル6つボタン2つ掛け(主流)

6つボタンは2つ掛けがメインです。ダブルスーツで主流のボタンタイプです。

ダブルスーツ6つボタン2つ掛け

ダブル6つボタン3つ掛け

ダブル6つボタン3つ掛けもありますが、画像がみつからないくらい商品はありません。

ダブル8つボタン・10つボタン

ほとんど見かけないボタン数のタイプです。画像がみつからないくらいみかけません。それぞれ、8つボタン1つ掛け、8つボタン2つ掛け、8つボタン3つ掛け、8つボタン4つ掛け、10つボタン1つ掛け、10つボタン2つ掛け、10つボタン3つ掛け、10つボタン4つ掛け、10つボタン5つ掛けがあります。

ボタンの留め方のルールは、シングル・ダブルスーツのボタンの留め方で詳しく説明しています。

スラックスにもシングル・ダブルの違いがある

ジャケットのシングル・ダブルだけでなく、スラックスの裾にもシングル・ダブルの違いがあります。

意外と知らないシングルスーツとダブルスーツの違い。基本的にはシングルスーツを選べば問題ありません。

あわせて読みたい