MENU

高校卒業後にフリーターになるべきなのか、就職するべきなのか

2017年04月21日更新

かわいいJK

高校卒業後はフリーターになるよりも、就職することをおすすめします。

フリーターから就職するのは難しい

フリーターになってしまうと正社員として就職することが難しくなります。高校のコネクションを利用してでも一度就職したほうがいいです。

目的・夢があるならいい

明確な目的・夢があってフリーターをしているのであればいいでしょう。もしも、明確な目的・夢がないのであれば、とりあえず就職をしておくべきです。

進学も手

専門学校、短大、大学などに進学するのも手です。人はいつか働きます。まだ人生が見えないなら、とりあえず進学して人生を考えるのも手です。学校で遊んでいるうちに見えてくることもあるかもしれません。

高校の段階で本当にやりたいことがわかっている人なんて、ほとんどいないと思います。時間がそのうち解決してくれるという適当な考え方もときには大切です。親の経済事情が許すなら、進学も検討しましょう。

高校卒業後でも救済策はある

もし、就職しないまま高校を卒業しフリーターになってしまっていても大丈夫です。実は、フリーター専門の就職支援サービスがあります。29歳までなら利用でき、高確率で正社員になることが可能です。

明確な目的・夢がないのであれば、フリーターになるのはやめましょう。就職するか、大学へ進学しましょう。

おすすめページ

登録カテゴリ