MENU

リクルートスーツは必要?無駄?できるだけリクルートスーツを着るべき理由

2016年12月17日更新

就職活動を行うときの必須アイテムが「リクルートスーツ」です。すると、

「リクルートスーツは本当に必要なの?」
「リクルートスーツを買うのも意味ないし、無駄!」
「自分らしさを出すためにスーツなんていらない!」

という声をよく聞きます。しかし、基本的にリクルートスーツは着るべきというのがジョブインフォのスタンスです。では、なぜリクルートスーツを着るべきなのでしょうか?

リクルートスーツ

リクルートスーツを着ることが常識になっている

まず、リクルートスーツを着ることは、常識になっています。そのため「私服OK」「服装自由」「カジュアルな服装」といった企業側の指定がない限りは、極力リクルートスーツを着るほうが無難です。

ルールを守れるか試されているケースも

就職活動では、就活生が社会人になってから社会やビジネスのルールやマナーを守れるかどうかを、髪型や服装で判断しているケースもあります。アパレル系やクリエイティブ系の会社は別ですが、ビジネス社会では髪型や服装なども仕事の受注に大きく関わってきます。

そのため、就活の段階で金髪や茶髪だったり、奇抜なファッションをするのは多くの会社ではマイナス評価となります。そのため、ジョブインフォではリクルートスーツを着ることをおすすめしています。

もちろん、採用においては能力値で最終的な判断を行いますが、履歴書や一次面接で判断する際には、見た目の印象に大きく左右されます。また、採用フローの一次面接では、新人や3年目の社員に面接を担当させるケースもあるため、内面より最初の印象で判断をされてしまうリスクもあります。

採用確率を上げるためにも、リクルートスーツを着て就職活動に挑むようにしましょう。

あわせて読みたい

前の記事

登録カテゴリ

おすすめ記事