MENU

就活中のベルトは黒色が基本?リクルートスーツを着こなすために知っておきたいベルト選びのコツ

2016年12月17日更新

リクルートスーツを完璧に着こなしている人でも、ベルト選びを間違えている就活生をたまにみかけます。特に間違えやすいのが、リクルートベルトの色選びです。今回は、リクルートスーツを着こなすために知っておきたいベルト選びのコツを紹介します。

ベルトは必ずつけよう

「スーツやワイシャツで目立たない部分だからベルトはなくてもいい」

と考えて、ベルトをしない就活生をたまにみかけますが、ベルトは必ずつけましょう。ベルトループ(ベルトを通す穴)が丸見えでみっともなく、マイナス印象となってしまいます。

黒色が基本

就職活動におけるベルトの色は「黒色」が基本です。「茶色」はカジュアルな印象が強くなるので避けるのがおすすめです。就職活動でのベルトは基本は「黒色」を選ぶ!とおぼえておきましょう。

素材

本来、ベルトの素材は本革がおすすめですが、予算がなければ合皮タイプのベルトで構いません。綿のベルトなど本革・合皮以外のベルトはNGです。

派手なデザインは避ける

派手なベルト

編みこみタイプや装飾などがついている、派手なデザインのベルトは避けます。シンプルな革ベルトにしましょう。

バックル

一般的なベルトのバックル

丸型やカジュアルな印象を与えるバックルは避け、四角型でのバックルのベルトを選びましょう。

ベルト穴は真中の穴で留める

ベルトは、「真中のベルト穴」で留めるようにできています。そのため、真ん中の穴で留めることが可能な長さのベルトを選びましょう。

ベルトサイズの選び方・調整方法

ベルトサイズの選び方の基本は、「真中のベルト穴」で留めることができる長さのベルトを選びます。ただし、多くのベルトはフリーサイズとなっているので、「真中のベルト穴」で留める長さに調整が必要です。ベルトが長い場合は、ベルトサイズの調整方法を参考に調整しましょう。

ベルトの幅(太さ)は、太いとカジュアル、細いとフォーマルな印象となります。そのため、リクルートスーツでは3cm前後のベルトを選ぶのがおすすめです。

ノーブランドが安全

就活用のベルトはノーブランドのベルトにしましょう。グッチ、アルマーニのようにバックルにブランド色が前面に出てしまうと面接官にマイナスの印象を与えるケースがあります。そのため、ユニクロ、アマゾン・楽天などの通販で販売しているような値段が安めのベルトでも問題ありません。

ベルト

リクルートスーツでのベルト選びの基本は「黒色」「ノーブランド」「本革or合皮」です!見た目は就活に大きな影響を与えるので、ベルト選びも気を抜かないようにしましょう!

あわせて読みたい

おすすめページ

登録カテゴリ