MENU

リクルートスーツへのアイロンのかけ方と注意点

2016年12月17日更新

リクルートスーツを着ていると、どうしてもシワがついてしまいます。そこで、リクルートスーツのシワを伸ばすためにアイロンをかけようと考えます。今回は、初めてアイロンをかける就活生のためにリクルートスーツへのアイロンのかけ方と注意点を紹介します。

アイロンでシワを伸ばす前に

アイロン

リクルートスーツについてしまったシワを伸ばす方法は、アイロン以外にもたくさんのやり方があります。アイロンをかけるとスーツの生地を傷めやすいので、まずは霧吹きスプレーや厚めのハンガーにかけて、スーツのシワを伸ばしましょう。

アイロンを使うタイミング

では、アイロンを使うタイミングはいつでしょうか?それは、スーツが型崩れしたり折り目が薄くなってきたタイミングです。

アイロンのかけ方

スーツ・スラックスのアイロンのかけ方で詳しく紹介しています。アイロン台、当て布を準備して、スーツの生地を傷めないようにアイロンをかけていきます。アイロンは高温なので、スーツを傷めないように気を付けましょう。

スラックスの折り目は特に消えやすいので、センターラインが薄くなってきたらアイロンでプレスをするようにしましょう。

就活生は、リクルートスーツの正しい手入れ方法を知らないために、スーツにシワがついたらアイロンでシワを伸ばしがちです。アイロンではスーツのシワを伸ばすのではなく、折り目や型崩れから復活させるために使いましょう。

おすすめページ

主要ページ