MENU

就活のスーツでストライプは問題ない?リクルートスーツでの柄選び

2016年12月17日更新

「就活スーツでストライプ柄のスーツは着ても大丈夫なの?」
「リクルートスーツは無地が無難なの?」
「就活スーツでチェック柄のスーツでも評価は下がらない?」

と就活スーツを選ぶ際にこんな質問をよく聞きます。そこで今回は、リクルートスーツとして問題のない柄の選び方を紹介します。

ストライプ柄のスーツは避ける

ストライプ柄のスーツ

ストライプスーツは、スーツの生地にストライプ(縦縞)が入っているスーツのことです。まず、リクルートスーツでストライプ柄(シャドーストライプ、ピンストライプなど)のスーツを着用するのは避けましょう。実際スーツでストライプを着ても評価が下がることは少ないのですが、面接官の中には就活のスーツは黒の無地が基本と考えている人もいます。そういう考え方を持った面接官が担当となった場合、ストライプスーツを着るとマイナス印象(ラフな服装、軽い印象)を与えてしまいます。

チェック柄のスーツも避ける

チェック柄のすーつ

もちろん、よりカジュアルな印象を与えてしまうチェック柄は避けましょう。ストライプは問題ないという人が多いですが、就職活動でチェック柄を着ている学生は少ないので、チェック柄のスーツはやめましょう。

基本は無地のスーツ!

無地のスーツ

基本的にストライプ柄を着ても問題ないとジョブインフォでも考えていますが、ストライプ柄を悪印象にとらえてしまう面接官は一定数存在します。そのため、リスクを考えるとストライプは避け、黒・紺色系の無地スーツにすることをおすすめしています。ワイシャツも無地にしましょう。

業界や会社の特性に合わせる

アパレル業界やベンチャー企業など業界や会社によっては、無地のスーツよりストライプ柄などおしゃれなイメージに対して高評価をすることもあります。こればかりは、事前に業界研究・企業分析を行うことで、相手が求める服装を研究しましょう。

就職活動において大切なのは見た目ではなく中身です。ただ、ストライプ柄のスーツは面接官によってはマイナスの印象を与えてしまうリスクがあるので極力避けましょう。また、チェック柄のスーツを着る就活生の数は少ないので基本的にNGです。

無難な考え方にはなってしまいますが、基本リクルートスーツは「無地」にしましょう。正直スーツの柄で評価が上がるか下がるか考えている暇があったら、自己分析や面接対策に時間を投資したほうがいいです。そのため、リクルートスーツの柄選びに悩んだら「無地」を選ぶようにしましょう。

あわせて読みたい

前の記事

登録カテゴリ

おすすめ記事