MENU

一番下は留めないのが正しいマナー?リクルートスーツのボタンの留め方

2016年12月17日更新

就職活動で着用するリクルートスーツ。びしっと決まっているのに、ボタンの留め方が間違っている人をよく見かけます。今回はリクルートスーツを正しく着こなすために知っておきたいボタンの留め方マナーを紹介します。

リクルートスーツの基本はシングル

リクルートスーツはシングルスーツが基本です。ダブルスーツはおすすめしません。そのため、リクルートスーツにおいては、シングルスーツのボタンの留め方を覚えておくだけで大丈夫です。

シングルスーツの一番下のボタンはあける

まず、シングルスーツの場合、一番下のボタンは留めずにあけます。シングルスーツの一番下のボタンは飾りボタンであることが理由です。

2つボタンスーツの留め方

シングル2つボタンスーツの留め方

シングル2つボタンスーツは、上のボタン(第一ボタン)だけ留めます。一番下のボタン(第二ボタン)は留めずに開けたままにします。

段返り3つボタンスーツの留め方

シングルスーツ段返り3つボタンの留め方

段返り3つボタンは、3つボタンがありますが、一番上のボタン(第一ボタン)が真中のボタン(第二ボタン)の上近くにあり、スーツの下襟(ラペル)に隠れており、ボタンを留めないスタイルのスーツです。

そのため、段返りシングル3つボタンは、真ん中のボタン(第二ボタン)だけを留めます。一番上のボタン(第一ボタン)と一番下のボタン(第三ボタン)は外したままで留めません。

3つボタンスーツの留め方

3つボタンスーツの留め方

シングル3つボタンスーツの場合は、上のボタン(第一ボタン)と真中のボタン(第二ボタン)を留め、下のボタン(第三ボタン)は開けたままで留めません。

座っているとき

スーツ姿で座る男

今まで紹介したボタンの留め方は立った状態の留め方です。座っているとき、シングルスーツはボタンを外します。面接などは外すタイミングが難しいので、座った瞬間に外せるように練習しておきましょう。

リクルートスーツの定番はシングル2つボタンスーツなので、一番下のボタンは空けておけば問題ありません。シングル3つボタンの場合は、段返り3つボタンに注意しましょう。意外とボタンの留め方のマナーを守れていない就活生は多いです。正しいマナーを武器に、内定を勝ち取りましょう。

おすすめページ

主要ページ