MENU

大きい?きつい?自分に合ったリクルートスーツサイズの選び方【細身すぎるスーツは避けよう】

2016年12月17日更新

リクルートスーツを購入する際に失敗しがちなのがサイズ選びです。既製品のスーツを購入するため、なんとなくスーツを購入してしまい「スーツが大きい…」「スーツがきつい…」のように、サイズ選びを失敗しがちです。今回は、自分に合ったリクルートスーツサイズの選び方を紹介します。

リクルートスーツで重要なサイズ選び

サイズ合わないリクルートスーツ

スーツのサイズ感はスーツ選びで一番重要です。どれだけよい生地であったとしても、ブカブカで大きいスーツはみっともありません。また、サイズがきつすぎるスーツも格好悪いです。自分の体にジャストフィットしたサイズのスーツを選ぶことが、印象アップにとても重要です。では、どうすればサイズ選びを失敗しないでしょうか?

スーツ専門店で店員さんにサイズを測ってもらう

一番無難なのが、スーツ専門店で店員さんにスーツのサイズを測ってもらいましょう。そうすれば、既製品のスーツの中から一番サイズに合ったスーツを選びやすくなります。営業されるのが苦手な人には苦痛ですが、サイズ選びに失敗して買い直しをするとさらにお金がかかってしまいます。恥ずかしがらずに店員さんにサイズを計測してもらい、自分に合ったスーツのアドバイスをもらいながら選ぶようにしましょう。

サイズ選びに必要な情報を覚えよう

きちんとしたスーツ店で自分のサイズに合ったスーツを選んでもらえば問題はありませんが、スーツのサイズ選びに必要な情報を理解しておくことも重要です。

スーツサイズの測り方・選び方

メンズスーツサイズの測り方・選び方を参考に、身長、チェスト、ウエストのサイズを測り、自分の体型区分を知りましょう。それ以外にも、以下のサイズ合わせも重要です。

細身すぎるリクルートスーツは避ける

リクルートスーツのトレンドは細身のスーツです。しかし、細身のスーツは若者っぽさやカジュアルな印象を与えやすくなるので、細身すぎるリクルートスーツを選ぶのは避けましょう。

不安ならオーダースーツ

スーツのサイズ選びが不安ならオーダースーツを作るのがおすすめです。パターンオーダーやイージーオーダーなら3~5万円で作ることも可能です。意外と安いので3万円くらいのスーツを買うくらいならオーダースーツを購入しましょう。社会人になってからもリクルートスーツはビジネススーツとして使うことができるので、お金に余裕があればオーダースーツをおすすめします(ただし、上を見るといいスーツがほしくなり、キリがないので予算は5万円までといった形で最初に伝えておくのがベター)。

サイズが合っていないリクルートスーツほど印象が悪くなるものはありません。リクルートスーツのサイズ選びは重要なポイントです。大きいサイズや小さいサイズ選びの失敗を避けるためにも、店員さんに自分に合うスーツを選んでもらう、自分でサイズの知識を得る、オーダースーツを検討するなどをして、自分に合うスーツのサイズを選びましょう。

あわせて読みたい

前の記事

登録カテゴリ

おすすめ記事