MENU

洗えるスーツは就職活動で着ても大丈夫?リクルートスーツとしてウォッシャブルスーツは使えるのか?

2016年12月17日更新

就職活動のスーツ選びはいろんな選択肢があるので迷いますよね。値段、クリーニング費用などお金の問題も発生します。そこで選択肢に上がるのが洗えるスーツ(ウォッシャブルスーツ)です。最近ではいろんな紳士服店が洗えるスーツの販売に力を入れていることもあり、リクルートスーツとして検討している就活生も多いのではないでしょうか?では、この洗えるスーツはリクルートスーツとして使えるのかどうか紹介します。

メリット

洗濯機

洗えるスーツのメリット、デメリットで詳しく紹介してしますが、洗えるスーツには以下のようなメリットがあります。

一番大きいのは何かとお金がかかる就職活動でクリーニング代がかからないことです。また、長期戦となりやすい就職活動では、汚れや臭いがつきやすいので、気になったら気軽に洗えるメリットがあります。

リクルートスーツは2着以上あるのが望ましいですが、洗えるスーツがあれば洗っても翌日には乾くので、就職活動であれば1着あれば問題ないでしょう。

デメリット

洗えるスーツには、こんなデメリットがあります。

まず、洗えるスーツの素材はポリエステルが100%やポリエステル混合タイプのものが多いため、蒸れやすく、見た目が少し安っぽく見えます。ただし、リクルートスーツは、値段が安いため見た目が安っぽいスーツが多いので、就職活動においてはそこまでデメリットとはなりません。

また、洗えるスーツは春夏用に作られているタイプのものが多いため、生地が薄いのでしわになりやすいです。特にひざ裏のしわがつきやすいです。裏地も背抜きタイプが多いので、ジャケットにもすぐシワがつきます。そのため、シワを伸ばすためにかなりの頻度でのケアが必要です。

さらに、2~3万円するものが多いので、1万円台のスーツより高いです。ただし、クリーニング費用がかからないというメリットをどこまで考えるかによっても変わります。

洗えるスーツはリクルートスーツとしておすすめ

このようにメリット、デメリットはありますが、リクルートスーツとして洗えるスーツを使うのはおすすめです。リクルートスーツとしての見た目も問題ありません。また、きちんと洗うことで臭いや見た目もケアができ、クリーニング費用も節約できるので、洗えるスーツを選ぶのはひとつの選択肢となります。

洗えるスーツ

就職活動では、普通のリクルートスーツとして使えますので、洗えるスーツだからと言って評価が下がることはありません。クリーニング代を払いたくない人やリクルートスーツを1着で乗り切りたい人におすすめです。

おすすめページ

主要ページ