MENU

就職活動にカフスボタンをつけても大丈夫?

2016年12月07日更新

就職活動は無難な服装をするのが求められます。そのため、スーツの知識がある人ほど、どこまでこだわればいいのかわからなくなります。今回はワイシャツの袖口のカフスボタンを就活でつけてもいいのかどうかを紹介します。

基本は避けよう

カフスボタン

面接官によっては就活生なのにカフスボタンを付けるなんて生意気と考える人もいる可能性があります。そのため、お堅い業界であればシングルカフスのワイシャツを着るようにしましょう。

ただ、若い面接官の場合カフスボタンの存在を知らない可能性もあるので、カフスボタンが派手すぎなければ、そこまで選考に影響することはないでしょう。ジョブインフォとしてはあくまで、マイナス印象を与えるリスクがあるため、カフスボタンをつけないことをおすすめしています。

業界に合わせる

アパレル業界(特にスーツメーカーやスーツ小売店)では、カフスボタンをつけることで、スーツに対する知識をアピールできる可能性もあります。TPOや業界に合わせましょう。

基本的には、就職活動ではカフスボタンを付けるのは避けましょう。

おすすめページ

主要ページ