MENU

クールビズの場合は?就職活動中のワイシャツボタンの留め方マナー

2016年12月07日更新

就職活動で欠かせないアイテムがワイシャツです。普段ワイシャツを着ないためか、第一ボタンが開いたままの就活生をみかけます。今回は、就職活動中のワイシャツボタンの留め方マナーを紹介します。クールビズ中のマナーもわかります。

第一ボタンまで留める

ワイシャツは第一ボタンまで留める

基本中の基本ですが、ワイシャツは第一ボタン(一番上のボタン)まで留めます。

「ネクタイを締めると、首回りが締め付けられて辛い…」
「第一ボタンまで留めると、ワイシャツがきつくて頭痛になる…」

という声が聞こえてきそうですが、必ず第一ボタンまで閉めてください。頭痛になったり、首回りが締め付けられる感覚がある場合は、ワイシャツのサイズ選びを間違えています。首回りと裄丈をきちんとはかってサイズの合ったワイシャツを選びましょう。サイズが合っていれば、第一ボタンまで留めていても、「きつい」「頭痛になる」といったこともありません。

また、ネクタイを締めているから第一ボタンを外してもいいでしょと考える就活生もいますが、絶対NGです。見れば外しているのはすぐわかりますし、身だしなみのマナー的にもアウトです。必ず第一ボタンまで留めましょう。

クールビズの場合は?

クールビズ中は第一ボタンを外す

就職活動中に企業から「クールビズで構いません」と言われた場合は、ネクタイを締めなくても問題ありません。ネクタイを締めなくてもよいときだけ、ワイシャツの第一ボタンを外しても構いません。

クールビズ指定がない場合は?

夏の暑い時期でもクールビズ指定がない場合は、リクルートスーツを着るのが基本です。そのため、夏で暑くてもネクタイを締め、ワイシャツの第一ボタンまで留めましょう。暑くて耐えられないという場合は、夏用のスーツやワイシャツを着て、暑さをしのぎましょう。

基本的に就活中においては、ワイシャツの第一ボタン(一番上のボタン)まで留めるのが基本です。企業からクールビズと指定されたときのみ、第一ボタンを外してもOKです。ワイシャツに慣れるまで、第一ボタンを留めるのが気持ち悪いという就活生もいるかと思いますが、就活では身だしなみマナーも大切です。必ず第一ボタンまで留めるようにしてください。

あわせて読みたい

前の記事

登録カテゴリ

おすすめ記事