MENU

自己PRを100文字にまとめるコツ

2018年05月23日更新

「100文字以内で自己PRをしてください」と指示されることがありますが、自己PRを100文字という短文にまとめるのはかなり難しいです。

就職活動や転職活動の履歴書、エントリーシート、職務経歴書などの応募書類や面接の自己PR(長所)を100文字にまとめるコツをご紹介します。

基本となる300文字の自己PRをベースとする

自己PRを最初から100文字で書こうとすると難しいので、基本となる300文字の自己PRを先に作っておき、300文字の自己PRをベースにすると100文字にまとめやすくなります。

基本構成を変更する

自己PRは以下の基本構成となっています。

  1. 自分の強み
  2. 自分の強みを証明するエピソード
  3. 会社への貢献

100文字にまとめる場合は、以下の基本構成に変更します。

  1. 自分の強み
  2. 自分の強みを証明するエピソード

会社への貢献までアピールをすると100文字にまとめることができないからです。

エピソードを極限までまとめる

100文字にまとめるときは自分の強みはそのまま伝え、100文字以内になるまでエピソードを極限までまとめます。

具体的に取り組んだことや良い結果・実績部分だけを伝えましょう。自己PRでも100文字にまとめるのが一番難しいので上手にエピソードをまとめてください。

ちなみに100文字は面接なら20秒程度しかないことになります。非常にタイトであることがわかります。

例文

自己PR・長所をチャレンジ精神(挑戦心・積極性)にするときのポイントと例文」の例文をベースに100文字に調整しています。

就活向け

私の強みは「チャレンジ精神」です。Web業界の会社に入社するためにブログ運営を始めました。ブログ設定、記事の書き方、データ分析、広告設置など分析することで月間3万PVのブログになりました。

→「チャレンジ精神」という強みを最初に伝え、どんなことに挑戦したのかを最小限で説明しています。最後に3万PVのブログに育っていることからチャレンジ精神という強みを会社に活かせそうだと思うことができます。

転職向け

私の強みは「チャレンジ精神」です。入社半年でリフォームメディアの立ち上げを行いました。サイト設計、SEO対策、データ分析など改善を続けることで月間100万PVを突破するメディアになりました。

→こちらも最初に強みを伝え、具体的に取り組んだことを必要最低限説明をしています。最後に100万PVのメディアになったことから「チャレンジ精神」が強みだと信用することができます。

まとめ

自己PRを100文字にまとめるには、基本構成を変更することが必要です。また、エピソードは具体的に取り組んだことや良い結果・実績部分だけを伝えることで上手にまとめましょう。

関連ページ

おすすめページ

主要ページ