MENU

自己PRを400文字にまとめるコツ(500・600文字も同様)

2018年05月23日更新

「400文字で自己PRをしてください」と指示されることがあります。就職活動や転職活動の履歴書、エントリーシート、職務経歴書などの応募書類や面接の自己PR(長所)を400文字にまとめるコツをご紹介します。500文字・600文字にまとめるコツも同じとなります。

基本となる300文字の自己PRをベースにする

初めから400文字の自己PRを作ろうとするのは大変です。基本となる300文字の自己PRを先に作っておき、300文字の自己PRをベースにすると400文字にまとめやすくなります。

エピソードを増やす

400文字にするときは、エピソード部分を増やすしか方法がありません。より具体的にエピソードを説明することで400文字に調整しましょう。400文字であれば少しエピソードを増やすだけで簡単に400文字になります。

500~600文字でもエピソードを増やして対応

500文字・600文字で自己PRを書くように求められたときも、具体的にエピソードを追加することで500~600文字にまとめてください。

600文字レベルになるとエピソードに少し困る場面も出てきますが、300文字の自己PRを2つ伝えるほどの文字数ではありません。具体的なエピソードで600文字に調整してください。

*700文字もエピソードを増やす方法でギリギリ対応可能です。

面接での発表時間

約400文字→1分20秒程度
約500文字→1分40秒程度
約600文字→2分秒程度

となります。たまに2分で自己PRを発表してくださいと言われるときもあるので注意しましょう。「話す速度は1分で300文字が目安!面接で早口にならないようにするコツ」も参考にしてください。

例文

自己PR・長所をチャレンジ精神(挑戦心・積極性)にするときのポイントと例文」の例文をベースに400文字に調整しています。

就活向け

私の強みは「チャレンジ精神」です。
Webマーケティングの会社に入社したいと思い、ブログ運営を始めてみました。開始当初はブログ設定、記事の書き方、データ分析、広告設置などわからないことだらけでした。しかし、「チャレンジ精神」を活かすことでわからないことは徹底的に勉強をしていきました。特にSEO対策とコンテンツ制作を重視しました。SEO対策では検索キーワードを洗い出し、検索の意図別にキーワードをまとめました。カテゴリ設計もビッグキーワードに基づいて整理を行いました。また、コンテンツ制作では、ユーザーの疑問に対する答えとなる質の高いロングコンテンツを作りました。情報もアップデートすることで更新性も意識しました。
その結果、月間3万PVを突破することに成功しました。現在も毎月PV数は増えています。私の強みである「チャレンジ精神」を活かし、貴社のWebメディア運営に貢献できればと考えています。

→エピソード部分の具体的な説明を増やすことで400文字に調整しています。具体的なエピソードなのでチャレンジ精神という強みが本当だとわかります。

転職向け

私の強みは「チャレンジ精神」です。
現職ではITベンチャー企業でWebメディア運用として働いています。入社半年で以前より興味を持っていたリフォームメディア事業の責任者に立候補をしました。ゼロからのメディア立ち上げだったので、サイト開発、SEO対策、マーケティングなど様々な困難に遭遇しました。しかし、私は課題を分析し、1つずつ問題を解決していきました。サイト開発では仕様策定に時間をかけ、アジャイル開発を行いました。SEO対策ではキーワード分析を徹底的に行い、ユーザーが求めるような質の高いロングコンテンツ制作を心がけました。マーケティングではSNSによる発信や大手媒体へのプレスリリースを積極的に行いました。
その結果、月間100万PVを突破するメディアに育てることに成功しました。私の強みである「チャレンジ精神」を活かし、貴社のWebメディア運営に貢献できればと考えています。

→こちらも具体的なエピソードを増やしています。具体的な取り組みや実績を伝えているので、チャレンジ精神という強みを即戦力で活かせそうだと信頼できます。

まとめ

自己PRを400文字にまとめるときは具体的なエピソードを増やすだけです。400文字であれば少しエピソードを追加するだけです。

また、500・600文字にまとめるときも400文字と同じように具体的なエピソードを増やすだけです。

関連ページ

おすすめページ

主要ページ