MENU

自己PR・長所でアルバイト経験をアピールするときのポイント・例文

2018年05月22日更新

就活生の履歴書、エントリーシートや面接の自己PR・長所でアルバイト経験をエピソードとしてアピールするときのポイント・例文をご紹介します。

アルバイト経験は就活生のエピソード

ホールスタッフとしてアルバイト中です

アルバイト経験は就活生のエピソードです(既卒・フリーターも利用可)。アルバイト経験は仕事に直結しやすいので、アピールしやすいエピソードとなります。

また、転職者は選んではいけないエピソードとなります。仕事で何も学んでいないのかなと思われてしまいます。

アルバイト経験はエピソードとして利用する

たまにアルバイト経験を自分の強みにしてしまっている人がいます。アルバイト経験は「聞き上手」「責任感」などの自分の強みを証明するエピソードとして利用してください。

○:私の強みは「責任感」です。アルバイトでは~具体的説明~
×:私はアルバイトをがんばりました。~具体的説明~

アルバイトの種類で評価は変わらない

「飲食店のホールスタッフ」「家庭教師」「コンビニ店員」などアルバイトの種類で評価が変わることは少ないです。ただし、珍しいアルバイトをしていると採用担当者の興味を引きつけることができます。

同業種・職種のアルバイト経験は高評価となりやすい

ただし、応募先の企業と同業種・職種のアルバイト経験は高評価となりやすいです。

例えば、飲食関連の会社であれば、飲食店でのアルバイト経験の評価は高くなり、ブライダル業界であれば結婚式場でのアルバイト経験の評価は高くなります。

このように応募先の企業と同業種・職種のアルバイト経験は高評価となります。そのため、応募先の会社と関連しているアルバイト経験がある場合は、自己PRや長所のエピソードに選ぶのがおすすめです。

言われた通りの仕事をしているだけでは評価されない

「3年間コンビニのアルバイトを頑張りました」
「アルバイトを3年間続けることで一人前のアルバイターになりました」

など時給のために最低限の仕事しかしていないのであれば、アルバイト経験は評価されません。責任感を持ちながら自分なりの努力や改善をしていることを伝えましょう。

結果・実績が重要

アルバイト経験を通じ「どんな結果・実績を出したのか」「何を学んだのか」までアピールすることが重要です。

「家庭教師のアルバイトで教材を○○に工夫することで第一志望の大学に合格させた」
「飲食店のアルバイトで呼び込み方法を工夫し来客数を3倍に増やした」

など具体的な結果や実績をアピールしましょう。アルバイトで良い結果・実績が出ていると、新卒採用しても活躍できそうだと思わせやすくなります。

アルバイト期間も重要

短期間のアルバイト経験をアピールするのは避けたほうがよいです。継続力や忍耐力がないのではないかと疑われてしまいます(短期集中のリゾートバイトは除く)。

そのため、最低でも1年以上のアルバイトをエピソードに選ぶのがよいでしょう。アルバイト期間が長ければエピソードの信憑性も高くなりますし、継続力や忍耐力があることもさりげなくアピールできます。

例文

「強み」を「長所」に言い換えれば長所の例文となります。

聞き上手

私の強みは「聞き上手」なことです。
アルバイトでは飲食店のホールスタッフとして働いていました。アルバイト先ではお客様と積極的に会話に応じるスタッフは少なく、常連客ができにくい状況となっていました。私は少しでも常連客を増やそうと思い、お客様からの会話に積極的に応じるようにしました。自分のことを話すよりもお客様の話を聞くことを心がけました。また、業務中で接客作業がない場合は、お客様の近くに行き、話しかけやすい状態を作りました。
その結果、私と話したいと言ってくれる常連客も増え、お店の売上も30%以上高くなりました。「聞き上手」であることを活かし、貴社の営業職でもお客様に信頼されることで売上にも貢献していきたいと考えています。

*「自己PR・長所を聞き上手・傾聴力にするときのポイントと例文」も参考にしてください。

責任感

私の強みは最後までやり遂げる「責任感」があることです。
アルバイトでは結婚式のウェイターをしていました。ウェイターの仕事は大変きつく、12時間以上も働き続けることも多いです。そのため、辞めていく人がたくさんいます。しかし、私は今でもウェイターを続けることができています。最後までやり遂げたいという「責任感」から、誰もが辛いと思うような仕事にもやりがいを見つけるようにしました。
その結果、ウェイターという仕事は結婚をする人の良い思い出を作る仕事であることが理解でき、辛いと思っていた仕事にもやりがいを感じるようになりました。私は最後までやり遂げる「責任感」を活かし、貴社のどんな仕事でも最後までやり抜くことで貢献をしていきたいと考えております。

*「自己PR・長所を責任感にするときのポイントと例文」も参考にしてください。

協調性

私の強みは「協調性」です。
大学のアルバイトで結婚式のウェイターをしていました。結婚式ではウェイター1人あたりのお客様の担当人数が多いです。そのため、ドリンクミスが頻発しており、問題となっていました。私はウェイターの役割を分け、チーム連携をすることでこの課題を解決できると考えました。ウェイター全員で話し合い、ウェイターのうち2人をドリンカー専属にし、無線を利用しドリンク注文をするようにしました。
注文を受けたら無線でドリンカーに注文をし、席も伝えるのでドリンク間違いが0になりました。私の強みである「協調性」を活かし、貴社の事務職でも事務ミスがないように貢献したいと考えています。

*「自己PR・長所を協調性・チームワークにするときのポイントと例文」も参考にしてください。

リーダーシップ

私の強みは「リーダーシップ」です。
アルバイトでは飲食店のホールスタッフとして働いていました。バイトメンバーの仲が悪く、業務にも支障をきたしていました。そこで、バイトメンバーでのコンパを積極的に開催するようにしました。飲み会時の配置も考え、人間関係の改善を行いました。次に、コンパをしながらアルバイト業務についても話し合うようにしました。お客様が喜ぶことを目的とし、チーム連携の重要性を理解してもらいました。
その結果、業務も以前より効率的に行えるようになり、売上も30%アップしました。私の強みである「リーダーシップ」を活かし、貴社の営業職としても貢献できればと考えています。

*「自己PR・長所をリーダーシップにするときのポイントと例文」も参考にしてください。

柔軟性

私の強みは「柔軟性」です。
アルバイトでは結婚式場のホールスタッフをしていました。お客様の数や式中のイベントに流れが変わるため、臨機応変に対応することが必要です。お客様の人数が多いときは、事前にドリンク配膳を行い、式開始後の注文ミスが減るようにしていました。また、式中のイベントが前後することも多いため、どんなイベントがあるかを把握したうえで、順番が前後しても対応できるような準備もしました。
結婚式の形は無数にありますが、大きなトラブルを起こすことなく結婚式を進めることができました。私の強みである「柔軟性」を活かし、貴社の企画職として、新商品開発に貢献できればと考えています。

*「自己PR・長所を柔軟性(臨機応変な対応力・適応力)にするときのポイントと例文」も参考にしてください。

真面目

私の強みは「真面目」なことです。
大学のアルバイトでは家庭教師をしていました。担当した生徒の成績が悪かったのですが、成績が上がるように勉強を教えていきました。まずは、教科書を中心に基本知識を背景から教えていきました。自分が納得できなかった背景知識もあわせて教えることで、きちんと知識を理解できるようにしていきました。また、テスト前には模擬テストを作成し、テストに出そうな範囲を中心的に出題しました。間違えてしまった箇所は重点的に復習を行いました。
その結果、生徒の成績は上がり、志望校に合格することができました。私の強みである「真面目さ」を活かし、コツコツと努力することで貴社の営業職として売上に貢献できればと考えています。

*「自己PR・長所を真面目・誠実にするときのポイントと例文」も参考にしてください。

前向き

私の強みは「前向きさ」です。
アルバイトでは結婚式のウェイターをしていました。ウェイターの仕事は大変きつく、12時間以上も働き続けることも多いので、辞めていく人がたくさんいます。しかし、私は辛いことには意味があると思い、誰もが辛いと思うような仕事にもやりがいを見つけるようにしました。また、上司からの厳しい指摘も「成長させてくれている」と思うことで、素直に自分を変えていきました。
その結果、ウェイターという仕事は結婚をする人の良い思い出を作る仕事であることが理解でき、辛いと思っていた仕事にもやりがいを感じるようになりました。私の強みである「前向きさ」を活かし、貴社の営業職でも貢献できればと考えています。

*「自己PR・長所を前向き・ポジティブ・楽観的にするときのポイントと例文」も参考にしてください。

素直さ

私の強みは「素直さ」です。
アルバイトでは飲食店のホールスタッフをしていました。初めてのアルバイトだったのでうまく仕事ができない日々が続いていました。アルバイトの先輩から「挨拶はしっかりとする」「注文はきちんと確認する」など様々なアドバイスをもらいました。ときには厳しい指摘もありましたが、私は持ち前の素直さを活かし、仕事に活かせるアドバイスは全て受け止めることしました。
アドバイスを真摯に受け止め、仕事の改善に活かした結果、今ではアルバイトリーダーを任されています。私の強みである「素直さ」を活かし、貴社の営業職としても貢献できればと考えています。

*「自己PR・長所を素直にするときのポイントと例文」も参考にしてください。

まとめ

アルバイト経験は仕事に直結しやすいので、アピールしやすいエピソードとなっています。特に応募先の企業と同業種・職種のアルバイト経験は高評価となりやすいです。

また、アルバイト経験をアピールするときは言われた通りの仕事をしているだけでなく、自発的に改善・努力をしていることを伝えます。

最後に良い結果・実績になったことを伝え、会社に貢献できる人材であることをしっかりとアピールしてください。

自己PR・長所で使うエピソードの選び方・作り方」も参考にしてください。

関連ページ

おすすめページ

主要ページ