MENU

自己PRにキャッチコピーは必要なのか?簡単なキャッチコピーの作り方

2018年05月22日更新

就職活動、転職活動の履歴書、エントリーシート、職務経歴書などの応募書類や面接の自己PR(長所)にキャッチコピーは必要なのかと質問されることが多いです。

実際のところ自己PRにキャッチコピーは必要なのでしょうか?また、簡単に自己PRのキャッチコピーを作る方法はあるのでしょうか?

「キャッチコピー」とは

キャッチコピー作りたいガール

「キャッチコピー」とは、商品などの広告に利用するうたい文句のことです。「キャッチフレーズ」とも呼びます。

「そうだ京都に行こう」
「インテル、入ってる」
「ポテトが辛くてなぜおいしい」

などが有名です。CMなどで一度聞くと忘れられないのが「キャッチコピー」です。

自己PRにキャッチコピーは必須ではない

結論から伝えますが、自己PRにキャッチコピーは必須ではありません。キャッチコピーがない自己PRでも普通に合格します。

効果的なキャッチコピーを作るのは難しい

まず、採用担当者が「これはすごい」と思わせる「キャッチコピー」を作るのは難しいです。仮にキャッチコピーだけすごくても、その後のエピソードの期待値が上がってしまうので、「最初のキャッチピーだけであとは微妙だった」と思うことも多いです。

キャッチコピーを作る時間が無駄

また、効果的なキャッチコピーはプロでも作るのが難しいので、無理にキャッチコピーをつける必要はないというのが正直なところです。キャッチコピーを作る暇があったら、きちんと自己PRを作ることに注力したほうがいいでしょう。

寒いキャッチコピーがほとんど

「笑顔ニコニコ!コミュニケーション上手ガール」
「黙って俺についてこい!問答無用のリーダーシップな田中です!」

など寒いキャッチコピーも多いです。アイドルのキャッチコピーかよと言うようなことを平気で言ってくることもあります。痛い就活生にありがちで逆効果となってしまいます。

意味不明なキャッチコピーも多い

「平成の半沢直樹です」
「便利さはまるでドラえもんです」
「わっしょいしょいのお祭り男」

とか何が強みなのかわからない意味不明なキャッチコピーを使う人もいます。どんな強みがあるのかわからないなら、キャッチコピーをつける意味がありません。

簡単なキャッチコピーの作り方

上記の理由からキャッチコピーは自己PRには必須ではないことがわかります。採用担当者の立場からするとキャッチコピーよりも自己PRの内容のほうが重要です。

ただ、どうしても自己PRにキャッチコピーをつけたいという人のために、簡単なキャッチコピーの作り方をご紹介します(面接でキャッチコピーを質問されたときにも使えます)。

「笑顔を活かしたコミュニケーション能力」
「最後までやり遂げるチャレンジ精神」
「誰にも負けないサポート力」
「努力を継続できる真面目さ」

などのように「○○+自分の強み」のパターンでキャッチコピーを作ります。○○に強みを補強する言葉を入れます。こうすればキャッチコピーっぽく聞こえますし、どんな強みがあるのかも伝わりやすいです。

キャッチコピーの勉強をしたいなら

ちゃんとしたキャッチコピーを作りたい!という人にはおすすめの本があります。「伝え方が9割(佐々木圭一)」です。大手広告代理店でコピーライターとして働いて気づいたキャッチコピーの技術をわかりやすく説明しています。

簡単なキャッチコピーで物足りないという人は、この本を読んでしっかりと勉強をするのがおすすめです。筆者も良書認定しており何度も読み返しています。キャッチコピーというかビジネスや人生においても役立っています。

まとめ

自己PRにはキャッチコピーは必須ではありません。どうしてもキャッチコピーを自己PRにつけたいというときのみ、キャッチコピーをつけることを検討しましょう。

関連ページ

おすすめページ

主要ページ