MENU

自己PR・長所で学業・勉強・ゼミ・卒業研究をアピールするときのポイント・例文

2018年05月22日更新

就職活動の履歴書、エントリーシートや面接の自己PR・長所のエピソードを学業・勉強・ゼミ・卒業研究としてアピールするときのポイント・例文をご紹介します。

*留学経験をアピールしたい人は「自己PR・長所で留学経験と語学力をアピールするときのポイント・例文」を参考にしてください。

就活生のエピソード

勉強中の虫眼鏡ガール

「学業」「勉強」「ゼミ」「卒業研究」は就活生のエピソードとなります。

転職者はエピソードとして選んではいけません。第二新卒であってもNGです。仮に資格勉強にがんばっていたとしても仕事に関するエピソードを選んでください。

エピソードとして利用する

たまに「学業」「勉強」「ゼミ」「卒業研究」を強みとして伝えてしまう人がいます。学生であれば学業に励むのは当たり前のことなので、何のアピールにもなりません。

「分析力」「努力家」などの強みを証明するときのエピソードとして利用してください。

○:私の強みは「分析力」です。大学の卒業研究では~具体的説明~
×:私は大学で勉強をがんばりました。~具体的説明~

ゼミ・卒業研究はエピソードに使いにくい

ゼミや卒業研究は自己PRのエピソードとして使いにくいです。なぜなら、就職活動はゼミや卒業研究が本格化する前に始まる人がほとんどで、ゼミや卒業研究の結果を伝えることが難しいからです。

筆者の場合も、就職活動が終わってから本格的に卒業研究を始め、卒業研究の結果が出るのは卒業前という感じでした。そのため、結果・実績を示すことが難しいのであれば、別のエピソードを利用するのがおすすめです。

わかりやすく説明する

大学や専門的な分野に関するエピソードを選ぶ場合は、専門的で難解な内容となりやすいです。専門用語はわかりやすい言葉に言い換えるか説明をつけ、難解なテーマであっても素人でもわかるような説明を心がけてください。

よく難しいことは難しいままに伝えたほうが、頭が良さそうだと思われると勘違いしている人が多いです。難しいことを難しいまま話しても何のアピールにもなりません。説明力やプレゼン力がないと思われてしまうので注意しましょう。

結果・学びが重要

「学業」「勉強」「ゼミ」「卒業研究」を通じ、「どんな結果を出したのか」「何を学んだのか」が重要です。

ただ「勉強を一生懸命がんばりました」では何のアピールにもなりません。「勉強をがんばることで○○の結果になった」と良い結果・実績が出ていることをアピールしてください。

会社に貢献できそうな人材だと思わせることが重要です。

例文

「強み」を「長所」に言い換えれば長所の例文となります。

学業・勉強

私の強みは「努力家」なことです。
私は高校生になるまで勉強をせず、成績は最下位を争うほどでした。このままではいけないと思うようになり、高校生になってから勉強する習慣を身につけました。学校以外で2時間勉強することを日課としました。当初は2時間勉強をするのが苦痛で仕方ありませんでした。しかし、慣れるまではイスから動かないようにする、勉強を楽しむようにすることで、2時間勉強をすることが当たり前になりました。
日々の勉強を積み重ねた結果、志望校である○○大学に合格することができました。今でも勉強を習慣化することで、大学でもトップレベルの成績をキープしています。私の強みである「努力家」を活かし、貴社の営業職でも努力を継続することで売上に貢献していきたいと考えています。

*努力家のエピソードとして学業・勉強を利用しています。「自己PR・長所を努力家にするときのポイントと例文」「自己PR・長所で高校時代のエピソードを話してもよいのか」も参考にしてください。

卒業研究・ゼミ

私の強みは「分析力」です。
大学ではゴカイの生態を研究テーマにしています。ゴカイは水をろ過しながらプランクトンを食べ、水質改善に貢献しています。ゴカイの研究は非常に地道です。まずはゴカイを採取し、水槽で飼育しながら生態観察をします。また、論文では再現性を重視するため、何度も同じ生態行動を観察し、記録することが必要です。その中で再現性のある行動を発見することが必要です。私は毎日観察を続け、行動に共通性を見つけられるように日々考察を続けました。
その結果、ゴカイの新しい生態行動を発見し、教授の論文にも掲載されました。私の強みである「分析力」を活かし、貴社の研究職でも貢献をしていきたいと考えています。

*分析力のエピソードとして卒業研究を利用しています。「自己PR・長所を分析力・問題解決力にするときのポイントと例文」も参考にしてください。

まとめ

「学業」「勉強」「ゼミ」「卒業研究」は強みではなく、エピソードとして利用してください。また、専門用語や難解なテーマとなりやすいので素人でもわかるような説明を心がけましょう。

最後に学業や勉強を通じて良い結果・実績になったことを伝え、会社に貢献できる人材であることをアピールしてください。「自己PR・長所で使うエピソードの選び方・作り方」も参考にしてください。

関連ページ

おすすめページ

主要ページ