MENU

自己PR・長所でインターンシップ経験をアピールするときのポイント・例文

2018年05月22日更新

就職活動の履歴書、エントリーシートや面接の自己RR・長所でインターンシップ経験をアピールするときのポイント・例文をご紹介します。

就活生のエピソード

ドヤってるインターン生

インターンシップ経験は就活生のエピソードとなります(既卒・フリーターも利用可能)。

転職者は使ってはいけないエピソードとなります。これまでの業務で何も学んでいないという悪印象を与えてしまうので注意してください。

エピソードとして利用する

たまにインターンシップ経験を自分の強みとしてしまっている人がいます。インターンシップ経験は「計画性」「慎重さ」などの自分の強みを証明するエピソードとして利用してください。

○:私の強みは「計画性」です。○○のインターンでは~具体的説明~
×:私はインターン活動をがんばりました。~具体的説明~

具体的な仕事内容を伝える

「○○企業でインターンシップをしていました」

とアピールしても何のアピールにもなりません。インターンシップとしてどんな仕事をしていたのかを具体的に伝えることが必要です。

「○○企業でWebサイト制作部署のデザイナーとしてコーディングをしていました」
「○○企業の新規事業で新規開拓営業を行っていました」

というように具体的な仕事内容を伝えましょう。こうすればインターンシップでどんな経験を積んでいるのかわかりやすくなります。

簡単な仕事しかしていないのであれば評価されない

インターンシップでもいろんな仕事があります。社員と同じような仕事を任されることもあれば、アルバイトと同じような扱いで誰にもできるような簡単な仕事だけを任されることもあります。

そのため、社員と同じような仕事をしていることをアピールすることがポイントです。社員と同じような仕事をしているのであれば、社会人経験を積んでいるようなものなので、即戦力になると思わせることができます。

短期間のインターンシップ経験では評価されない

よく就活のためだけにインターンシップをする人がいますが、短期間のインターンシップ経験を自己PRのエピソードとして利用しても評価されません。

1dayインターンや1週間程度の短期インターンでは簡単な仕事しか任せてもらえないからです。インターンシップとして修行をしているというよりは、仕事や会社の雰囲気を学んでいるだけという印象を与えてしまいます、

インターンシップ経験を自己PRするのであれば、最低でも半年以上インターンシップしている会社にしてください。

実際にある程度の期間インターンシップ経験をすると、社員と同じように働くためビジネスマナーにも強くなるので、少し話せばしっかりしている人だなと判断できます。

ベンチャー企業のインターンシップ経験は評価されやすい

ちなみにベンチャー企業でのインターンシップを経験していると企業から評価されやすくなります。

ベンチャー企業ではインターン生であっても戦力として扱うほど人が足りません。社員と同じように働かされることが多いので、自然と社会人経験を積んでいます。

優秀なインターン生であればその会社の社員よりも仕事ができるほど優秀ということも多いです。

そのため、ベンチャー企業でインターンシップ経験を積んでいるのなら、ベンチャー企業で働いていたことを採用担当者に伝えましょう。

結果・実績も重要

「○○企業でインターンシップ経験を積みました!」では何のアピールにもならないので注意してください。

インターンシップ経験を通じ、「何を学んだのか」「どんな結果・実績を出したのか」を具体的に伝えることが重要です。

「○○企業でWebデザイナーとしてインターンシップをすることでWebサイト制作ができるようになった」
「○○企業でインターンシップとして営業をすることで受注額1,000万円を達成した」

など良い結果・実績を出していることをアピールしてください。インターンシップ経験を通じて即戦力になりそうだと思わせましょう。

例文

「強み」を「長所」に言い換えれば長所の例文となります。

計画性

私の強みは「計画性」です。
ITベンチャー企業でインターン生をしていました。新規メディア運営を任され、半年後に月間10万PVの達成が目標となりました。まずは、PVを上げるために必要な施策を洗い出し、どれくらいのコンテンツが必要か計算をしました。そして、半年間のコンテンツ計画を作成しました。また、チーム全体で毎週定例ミーティングをすることで、現在のコンテンツ制作の進捗率やPV数を確認し、PDCAを繰り返しました。
小さな積み重ねを半年続けた結果、半年後に月間10万PVを達成することができました。私の強みである「計画性」を活かし、貴社のメディア事業に貢献できればと考えています。

*「自己PR・長所を計画性にするときのポイントと例文」も参考にしてください。

慎重さ

私の強みは「慎重さ」です。
ITベンチャー企業でインターン生をしていました。新規メディア開発を任され、半年後にリリースすることになりました。まずは、開発する内容に変更がないか仕様策定を行いました。後出しで変更がないように、上長からOKをもらうまで仕様策定を行いました。次に、リリース日に間に合うように開発工程別に細かくスケジュールを作成しました。また、毎週開発チームと進捗ミーティングを行うことで、開発遅れはないかなどを確認しまし
た。
その結果、半年後にリリースをすることができました。私の強みである「慎重さ」を活かし、貴社の開発にも貢献できればと考えています。

*「自己PR・長所を慎重さ・用心深いにするときのポイントと例文」も参考にしてください。

まとめ

簡単な仕事を任されていない場合や短期間のインターンシップ経験は評価されないので注意してください。

また、インターンシップ経験をアピールするときは具体的にどんな仕事をしていたのかを伝えてください。

最後にインターンシップ経験を通じて良い結果・実績を出していることを伝え、新卒採用でも即戦力となることをアピールしましょう。

自己PR・長所で使うエピソードの選び方・作り方」も参考にしてください。

関連ページ

おすすめページ

主要ページ