MENU

就職活動の面接での自己PRの答え方と例文

2018年06月01日更新

「自己PRをしてください」
「あなたの強みは何ですか?」
「あなたのアピールポイント(セールスポイント)を教えてください」
「会社に活かせる能力は何ですか?」

と就職活動の面接で自己PRを質問されたときの自己PRの答え方と例文をご紹介します。

面接官が自己PRでチェックするポイント

自己PRをする意味がわからないという就活生も多いので、面接官が自己PRでチェックするポイントを知っておきましょう。

強みが本当かを確かめたい

自己PRの強みが本当かどうかを確かめています。「私の強みは○○です」と言うだけなら誰でもできるからです。

面接中の具体的なエピソードや深掘り質問に回答できるかどうかで、強みが本当かをチェックしています。

会社に強みが活かせるか

面接での具体的な自己PRの回答や深掘り質問を質問をすることで会社に強みが活かせるのかもチェックしています。

自己PRの基本構成

自己PRの基本構成を意識すると自己PRを作りやすくなります。履歴書、エントリーシートの自己PRと作り方は同じです。

  1. 自分の強み
  2. 自分の強みを証明するエピソード
  3. 会社への貢献

1. 自分の強み

最初に結論である自分の強みを1つ伝えてください。最初に結論を伝えることで、その後の自己PRを伝えやすくなります。自分の強みの選び方は2つあります。「就活や転職で役立つ自分の長所例の一覧」も参考にしてください。

長所

リーダーシップ、チャレンジ精神、行動力などの長所を自分の強みにするのが就活自己PRの定番です。王道のパターンなので困ったら長所を自分の強みにしましょう。

実績・経験

これまでのアルバイト、インターン、学業などの経験で応募先の企業で活かせるような実績・経験がある場合は、実績・経験を自分の強みとして伝えることができます。

「インターン先で営業として売上1,000万円を達成した」
「アルバイト先でWebサイト制作の技術を身に付けた」
「大学でRuby、Javaのプログラミング技術を学んだ」

など応募先で活かせそうな実績・経験を自分の強みとして伝えます。長所を中心とした強みよりも具体的で、新卒でも即戦力になりそうと好印象を与えることができます。

長所のように結論ファーストでまとめるのには難しくなりますが、応募先で評価されそうな実績・経験がある場合は、実績・経験を自分の強みにすることを検討してください。

*「結論から書き始めよう!自己PRの上手な書き出し方」も参考にしてください。

2. 自分の強みを証明するエピソード

「○○の強みがあります」
「○○の実績があります」

と自分の強みをアピールするだけではいけません。自分の強みを証明するエピソードをセットで具体的に説明してください。

すごいエピソードでなくても構いません。自分の強みを活かしてどんな改善行動をし、どんな結果が生まれたのかを具体的に書きましょう。

以下が就職活動でよくあるエピソードとなっています。

  1. 学業
  2. 部活・サークル
  3. アルバイト
  4. インターンシップ
  5. ボランティア
  6. 留学
  7. その他

また、エピソードの基本構成を意識すると作りやすくなります。

  1. 問題・課題
  2. 強みを活かした問題解決
  3. 良い結果・実績

エピソードの詳細は「自己PR・長所で使うエピソードの選び方・作り方」を参考にしてください。

会社への貢献

「○○の強みを活かして御社に貢献します」
「○○の実績を活かして御社に貢献します」

と自己PRの最後に会社へ貢献できることをアピールしましょう。自分の強みをどうやって会社に活かすのかを伝え、採用するメリットをアピールします。

会社に貢献できることで締めよう!自己PRの上手な終わり方」も参考にしてください。

面接で上手に自己PRを答えるポイント

履歴書・エントリーシートと同じ自己PRを答えない

履歴書かエントリーシートのどちらかに300文字程度の自己PRを書いている場合は、同じ自己PRを答えないようにしましょう。面接官の手元には応募書類のコピーがあるので、棒読みしているだけと思われてしまいます。

履歴書・エントリーシートの自己PRをベースにし、具体的に自己PRを答えるようにしてください。「面接では志望動機や自己PRなど履歴書と同じ内容を話してもよいのか?」も参考にしてください。

面接の自己PRは1分~1分30秒程度が目安

面接で自己PRをするときは1分~1分30秒程度(300~450文字程度)を目安としてください。2分だと長いと思われやすいです。わかりやすく自己PRを伝えましょう。

時間を指定された場合

「1分間で自己PRをしてください」
「3分で自己PRを発表してください」

のように時間を指定されることがあります。この場合は指定時間を守って自己PRをしましょう。「自己PRを1分間(300文字)にまとめるコツ」「自己PRを3分間(800~900文字)にまとめるコツ」も参考にしてください。

質問誘導も意識しよう

自己PRを答えると面接官が気になったところを深掘り質問してくることが多いです。アドリブ回答が苦手な人は、面接官が質問しやすいような回答を作りましょう。

こうすれば事前に質問内容を想定できるので、事前に回答を準備しやすくなります。「面接でうまく話せない人は質問誘導がおすすめ【コミュ障・人見知りでも使える】」も参考にしてください。

各面接で同じ回答してよいのか

就活では自己PRは定番の質問なので、一次面接・二次面接・最終面接と全ての面接で自己PRを質問されることがあります。

同じ質問をされたときは同じ回答をしても問題ありません。「一次面接、二次面接、最終面接で同じ質問をされたときに同じ回答をしてもよいのか」も参考にしてください。

「貴社」と「御社」を間違えない

履歴書・職務経歴書は書き言葉なので「貴社」と書き、面接は話し言葉なので「御社」と話しましょう。「履歴書と面接で変わる?会社の呼び方は「貴社」「御社」のどちらが正しいのか」も参考にしてください。

例文

1分程度(実績・経験)

私の強みはインターンで鍛えられたトップセールスの営業経験です。
ITベンチャー企業で営業職のインターンとして2年間働いています。開始当初は全く営業ができずに苦しんでいました。まずは行動数が重要だと思い、インターンがある日は1日100件以上電話をかけるようにしました。また、社内でトップセールスの営業マンに何度も同行させてもらうことで、営業手法や営業トークを勉強しました。
その結果、30人いる営業インターンの中でトップセールスになることができました。現在もトップセールスを維持しています。今ではどんな商材であっても営業成績を出せるようになりました。私の強みを活かし、御社の営業職として売上に貢献したいと考えております。

→履歴書やエントリーシートに自己PRを書いていない場合は、1分程度の自己PRでも構いません。また、インターンでの営業経験を強みにしています。新卒でも中途採用と同じレベルで活躍してくれそうだと期待が持てます。

1分程度(長所)

私の強みは「行動力」です。
ベンチャー企業でインターン生としてブログメディアを任されました。それまではブロク記事も書いたことがなかったので、どんな記事を書けばいいのか非常に苦労をしました。そこで人気のブログ記事を研究し、どんな記事であればPV数を稼ぐことができるのかを研究しました。また、ブログ記事に必要なSEOも勉強し、検索流入からの安定したPV確保も行いました。それ以外にもTwitterやFacebookなどのSNSで書いた記事を拡散させるためのSNS運用も研究しました。
その結果、私が書いた記事だけで月間PV数が100万を突破しました。また、学生が運営するブログメディアとしても話題になり、多くのメディアからインタビューも受けました。私の強みである「行動力」を活かし、御社のWebマーケターとして貢献したいです。

→履歴書やエントリーシートに自己PRを書いていない場合は、1分程度の自己PRでも構いません。

1分30秒程度(長所)

*上の例文を1分30秒程度になるようにエピソードを増やしています。

私の強みは「行動力」です。
ベンチャー企業でインターン生としてブログメディアを任されました。それまではブロク記事も書いたことがなかったので、どんな記事を書けばいいのか非常に苦労をしました。そこで人気のブログ記事を研究し、どんな記事であればPV数を稼ぐことができるのかを研究しました。ヒットする文体や記事構成なども参考にしました。また、ブログ記事に必要なSEOも勉強し、検索流入からの安定したPV確保も行いました。特に関連キーワード分析を徹底的に行いました。特定カテゴリを上位表示させるために必要なコンテンツを関連キーワードから分析してコンテンツテーマリスト作成も行いました。それ以外にもTwitterやFacebookなどのSNSで書いた記事を拡散させるためのSNS運用も研究しました。
その結果、私が書いた記事だけで月間PV数が100万を突破しました。また、学生が運営するブログメディアとしても話題になり、多くのメディアからインタビューも受けました。私の強みである「行動力」を活かし、御社のWebマーケターとして貢献したいです。

→履歴書かエントリーシートに300文字程度の自己PRを書いているのであれば、履歴書には書ききれなかった具体的なエピソードも追加することで、1分30秒程度の自己PRにします。

3分程度

私の強みは「チャレンジ精神」です。
Webマーケティングの会社に入社したいと思い、ブログ運営を始めてみました。開始当初はブログ設定、SEO対策、記事の書き方、データ分析、広告設置などわからないことだらけでした。しかし、「チャレンジ精神」を活かすことでわからないことは徹底的に勉強することで自身の成長につなげようとしました。ブログではSEO対策が重要なので、SEO対策に関する勉強は徹底的に行いました。キーワード分析ではグーグルのキーワードプランナーツールを使うことで関連キーワードを徹底的に分析しました。検索の意図別にキーワード群をまとめることで幅広い疑問に答えられるようなコンテンツ設計を行いました。また、ビッグキーワードやミドルキーワードを中心にカテゴリ設計にも注力しました。
次に、ブログで最も重要な記事制作では、ユーザーの疑問に対する答えとなる質の高いロングコンテンツを作るように心がけました。ネットにある情報だけでなく本からも情報収集を行い、網羅的かつ専門性が高い記事作りに注意しました。間違った情報を掲載しないように、信頼できるデータやソースから情報確認できない限りは、記事にしないことも徹底しました。また、更新性のある記事では随時情報をアップデートすることで最新の情報を提供できように心がけました。
さらに、データ分析ではグーグルアナリティクスを利用しました。日々の数字をチェックするだけでなく、検索流入数や検索流入キーワードを調べることで、既存記事のアップデートを行うようにしました。
最後に、広告設置ではアドセンスやアフィリエイトを活用することでサイトの収益化について研究しました。広告の位置やサイズを意識することで収益性を高めました。また、パソコンとスマホでの広告を分けることで、デバイスに最適な広告設置を行いました。
その結果、運営するブログが月間3万PVを突破することに成功しました。現在も毎月PV数は増えています。私の強みである「チャレンジ精神」を活かし、御社のWebメディア運営に貢献できればと考えています。

→「3分で自己PRをしてください」と言われたとき用の例文です。エピソードをかなり具体的にすることで3分の長さに調整しています。「自己PRを3分間(800~900文字)にまとめるコツ」も参考にしてください。

その他

それ以外の例文は以下のページを参考にしてください。

まとめ

就職活動の面接で自己PRを答えるときも、履歴書・エントリーシートと基本構成は同じです。ただし、履歴書・エントリーシートに自己PRを書いているかどうかで答える時間を調整することが必要です。

また、答える時間を指定されたときは、指定時間内で発表をしてください。時間が過ぎてしまうと悪印象となってしまうので注意が必要です。

関連ページ

おすすめページ

主要ページ