MENU

ホワイト優良企業は少ない?ジェイックの就職支援サービスは中小ブラック企業しか紹介されないのか

2018年12月19日更新

ジェイックの就職支援サービス(就職カレッジ・女子カレッジ・セカンドカレッジ)を利用したいけどブラック企業ばかり紹介されたらどうしようと不安になる人は多いです。

ジェイックの就職支援サービスにはホワイトな優良企業は少ないという噂は本当なのでしょうか?中小のブラック企業しか紹介されないのでしょうか?

ホワイト優良企業の比率は少ない

ジェイックの就職支援サービスでもホワイトな超優良企業を紹介されることはあります。ただ、優良企業は既卒やフリーターなど就職支援サービスを利用する人を採用する必要性は低いのが正直なところです。

そのため、ホワイトな優良企業を紹介される比率はどうしても少なくなってしまうのが現状です。これはジェイックだけでなく他の就職支援サービス全体に言える構造問題となっています。

職業紹介優良事業でもブラック企業の求人はある

ブラック企業で働く男は今日も帰れなかった

ジェイックの就職支援事業は、厚生労働省より職業紹介優良事業者として認定されており、全国の就職支援会社18,000社のうちわずか42社しか認定されていない「信頼の証」とアピールしています。

しかし、どんな職業紹介優良事業者であってもビジネスモデル上ブラック企業の求人を取り扱っているものです。職業紹介優良事業者だからといってブラック企業は紹介されないだろうと安易に考えることはやめてください。

営業職の求人はブラック企業の可能性が高い

ジェイックは営業カレッジがサービスの中心となっているので営業職の求人比率が多いです。営業系の会社はブラック企業の可能性が高いです(営業がしんどいと感じる人はどこもブラック企業と感じるので)。

また、就職支援サービスを利用して採用をする会社は不人気業種・職種や人手不足の会社や中小零細企業である可能性が高いので、自然とブラック企業比率は高くなります。

これはジェイックの就職支援サービスだけに限った問題ではなく、他の就職支援サービス全体に言える問題です。ブラック企業を自分で見抜くコツを知っておくことが必要です。

ブラック企業の定義や特徴とは?検索や面接を利用したブラック企業の見分け方」も参考にしてください。

ブラック企業を紹介しないための企業努力はしている

ただし、ジェイックとしても極力ブラック企業を紹介しないための企業努力をしていることに非常に好感が持てます。

ブラック企業が多い業界は紹介しない

ジェイックの就職支援サービスでは、外食業界、先物取引、投資用不動産、アミューズメント業界などブラック企業が多い業界の求人は紹介しないようにしています。

実際には上記以外の業界や職種でもブラック企業はたくさんあるので、完全にブラック企業を排除するのは難しいです。

しかし、ジェイックとしてもブラック企業を紹介しないようにしていることは知っておいてください。

企業の内情を正直に教えている

ジェイックの就職支援サービスで紹介する企業には専任の担当者がいるので、企業の本音や実際の労働環境を正直に教えてくれます。例えば、

など全てを伝えてくれます。質問に対しても正直に回答をしてくれるので「この会社はブラック企業っぽいからないな」と思えば、応募を辞退することもできます。

入社後のギャップによる早期退職をジェイックとしてはしたくないので、ネガティブな情報もちゃんと教えてくれるのでブラック企業に応募するリスクも小さくなります。

ブラック企業に関する口コミ

就職カレッジを利用しましたが営業職がメインなので「営業=ブラック」と考えている人にはすべてブラック企業に思えてしまうかもしれません。私は研修を通じて営業に自信がついたのでホワイト企業に就職することができました。(23歳男性・IT業界・営業職)

就職カレッジを利用して集団面接会を受けましたが中にはブラック企業かなと思うような会社もあったのは事実です。ただ、嫌な企業とは面接をしなければいいだけなのでブラック企業に就職してしまうかどうかは自分次第だと思いましたよ。(24歳男性・Web業界・営業職)

就職カレッジを利用しましたが、中小企業を中心に紹介されたのが納得できなかったです。ブラック企業の求人も多いと感じたので途中で利用するのをやめました。(29歳男性・飲食業界・フリーター)

まとめ

ジェイックの就職支援サービスにもホワイトな優良企業は存在しますが、全体の比率としては少なくなっています。既卒やフリーターを無理に採用する必要性がないからです。

また、ジェイックは営業職や中小企業の求人が多いのでブラック企業の求人は紹介されやすい傾向にあります。

しかし、これはジェイック以外の就職支援サービスもブラック企業の求人比率は多い構造となっているので、ジェイックだけの問題ではありません。

一方、ジェイックではブラック企業を紹介しないような仕組みを構築しようとしているので、あからさまなブラック企業を紹介されるケースは少ないです。

また、企業の本音や実際の労働環境を正直に教えてくれるので、ブラック企業に応募するリスクは低くなっています。

最後にブラック企業を紹介されても応募するかどうかは自分次第です。上手にジェイックの就職支援サービスを利用してホワイト企業に就職しましょう。

ジェイックの就職支援サービス

ジェイックの就職支援サービスは「就職カレッジ」「女子カレッジ」「セカンドカレッジ」があります。自分に合った就職支援サービスを選びましょう。

就活支援サービスランキング1位

就職Shop
4.9
リクルート運営で安心!対応エリアも広い!

就活支援サービスランキング2位

JAIC
4.6
就職講座が人気で就職率は80%超え!

就活支援サービスランキング3位

ハタラクティブ
4.4
関東限定でも内定率80%超え!