MENU

ブラック企業の平均年齢は若い?ブラック企業の平均年齢は若いとは限らない

2017年02月16日更新

ブラック企業の平均年齢は若いイメージがあります。そのため、ブラック企業を見分けるときに平均年齢だけを気にしがちです。実は、ブラック企業の平均年齢は若いとは限らないのです。

社員数が多いと平均年齢は若くなりやすい

若いかわいこちゃん

社員数が多いブラック企業は、若者を中心に採用することが多いです。そのため、20代の社員数が多くなり、結果として平均年齢は若くなりやすいです。

社員数が少なくコアメンバーが若いなら平均年齢は若い

ブラックベンチャー企業で経営陣などのコアメンバーが20代と若いなら、平均年齢は自然と若くなります。

社員数が少なくコアメンバーの年齢が高いなら平均年齢は高い

ブラック企業であっても、経営陣やコアメンバーは会社に残ります。そのため、コアメンバーの年齢が高いほど、平均年齢も高くなります。例えば、コアメンバーの平均年齢が35歳で他の社員がいないとすると、平均年齢は35歳となります。

会社によって平均年齢は変わる

このように、ブラック企業は必ずしも平均年齢が若いわけではありません。平均年齢が高ければブラック企業ではないと安易に決めつけてはいけないのです。

平均年齢だけでブラック企業を見抜くことはできません。ブラック企業の見分け方を知ったうえで、総合的にブラック企業判断を行いましょう。

ブラック企業へ入社したくないなら、転職エージェントを利用しましょう。「おすすめの転職エージェント」も参考にしてください。

また、転職サイトも併用し、いつも採用しているブラック企業を見抜きましょう。「評判・口コミがよいおすすめの転職サイト比較ランキング」も参考にしてください。

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ