MENU

中小企業にブラック企業が多い理由

2017年02月24日更新

中小企業にブラック企業が多い理由をご紹介します。

家族経営

家族経営をしている場合、親族以外は使い捨てという考えを持ちがちです。親族は仕事をしていなくても厚遇している会社は、ブラック企業であるケースが多いです。

法律に無知

中小企業経営者は、労働基準法などの法律に無知であるケースが多いです。法律を知らないがために、限度を知りません。そのため、知らないうちにブラック企業になりがちです。

労働組合がない

労働組合がないので、労働問題を気にすることは少ないです。労働基準監督署に指摘されて、初めて労働時間を意識するケースが多いです。

ワンマン経営

中小企業は、社長に絶対的な権力があります。そのため、超ワンマン社長の場合は社長の気分次第な部分もあります。社長と合わないという理由でパワハラされることも多く、ブラック企業になりやすいのです。

会社に余裕がない

中小企業は明日を生きるのに必死です。死ぬ気で働かなければ、会社が潰れてしまうこともしばしば。中小企業は、会社の余裕がないため、社員であってもとにかく働かなければなりません。会社に余裕がない中小企業は、ブラック企業になりやすいのです。

教育する余裕がない

中小企業は、社員を育てる余裕がありません。時間的な余裕もないし、教育マニュアルもないことが多いです。そのため、即戦力以外は仕事ができないまま辞めていくケースが多いです。特に中小企業に新卒や第二新卒で入った場合は、この傾向が強いです。

給与水準が安い

中小企業は資金的な余裕がないため、給与も安いことが多いです。そのため、ブラック企業と感じやすいです。中小企業の平均給与大企業の平均給与を比較すると給与の違いがわかります。

休みが少ない

中小企業は、大企業に比べると年間休日が少ないことが多いです。そのため、自然とブラック企業と感じやすくなります。

中小企業にはブラック企業になりやすい傾向があります。ブラック企業の見分け方を知ることが重要です。大企業にもブラック企業が存在する理由も参考にしてください。

ブラック企業へ入社したくないなら、転職エージェントを利用しましょう。「おすすめの転職エージェント」も参考にしてください。

また、転職サイトも併用し、いつも採用しているブラック企業を見抜きましょう。「評判・口コミがよいおすすめの転職サイト比較ランキング」も参考にしてください。

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ