MENU

第二新卒は資格があると転職は有利になるのか

2017年04月04日更新

「第二新卒は資格取得すると転職に有利」とよく聞きます。実は、資格(免許)があれば必ずしも転職が有利になるわけではありません。

職種・業種によって有利な資格はある

例えば、財務関連の仕事に転職するのであれば、簿記などを取得すると有利です。車の運転が必要な仕事なら、自動車免許は必須でしょう。英語力が必要な企業なら、TOEICの点数が高いと有利でしょう(TOEICの点数が高ければ有利かも参照)。このように、転職に有利となる資格はあります。

資格は判断材料の一つ

しかし、資格は採用判断時の材料の一つに過ぎません。どれだけ転職に有利な資格を取得していても、それ以外の判断で不採用となったら、転職はできません。

資格取得には時間がかかる

しかも、資格取得には時間がかかります。転職成功を確実にするわけではない資格に、そこまで時間をかけるのはもったいないです。

資格取得が目的じゃない

転職することが目的であって、資格取得することは目的ではありません。いつの間にか資格取得が目的になってしまう人も多いです。

どうでもいい資格も多い

国家資格などでればいいのですが、最近では取得して価値のある資格は少ないように感じます。特に民間資格は乱立しているので、取得しても転職の役に立たない資格がかなり多いです。

転職活動を優先させよう

資格を取得してから転職活動するのはおすすめできません。まずは転職活動を優先させましょう。

転職エージェントのサポートを受けよう

資格がないと不安というのであれば、第二新卒向けの転職エージェントの転職支援を受けましょう。書類選考から面接まで転職サポートを受けることができるので、内定率が高くなります。

第二新卒は資格取得を優先させるよりも、転職活動を優先させましょう。

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ