MENU

第二新卒の転職でTOEICの点数が高ければ有利になるのか

2017年07月06日更新

TOEICの点数が高いと転職に有利とよく聞きます。確かに、第二新卒でもTOEICの点数が高いと、転職が有利になるケースは多いです。

600点が目安

TOEICの点数は600点から履歴書の免許・資格欄に書くことが多いです。TOEICが600点以上あると、転職に有利となるケースがあります。

英語力が関係ない企業では微妙に有利

英語力が関係ないTHE日本企業に転職する場合は、微妙に有利と考えてください。TOEICの点数以外が同じ条件だった採用候補者が2人いる場合、TOEICが高い点数の人が採用される程度です。TOEICの点数だけ高くても採用の決め手とはなりません。

外資系・グローバル企業では有利

外資系やグローバル企業ではTOEICの点数が高ければ、転職に有利となります。英語力が基本条件となりやすいからです。

TOEIC点数が高いなら転職エージェントを使おう

TOEIC点数が高いのであれば、転職サイトよりも転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントはTOEIC点数が高いと外資系・グローバル企業を優先的に紹介してくれます。また、英語力を活かせる良い条件の会社を紹介してもらいやすくなります。転職エージェントを利用する場合は、TOEIC点数が高いと転職が有利になります。

勉強よりは転職活動を優先させよう

資格でも述べましたが、TOEICの勉強をするよりは転職活動を優先させましょう。TOEIC点数が高いことは、多少転職に有利に働きます。しかし、資格があるから確実に内定がもらえるわけではありません。勉強に時間をかけるくらいなら、転職活動に時間をかけましょう。「第二新卒は資格があると転職は有利になるのか」も参考にしてください。

第二新卒でもTOEIC点数が高いと転職は有利となります。第二新卒向け転職エージェントを利用することで、英語力を活かせる求人を優先的に紹介してもらえます。TOEIC点数が高いのであれば、転職サイトよりも転職エージェントを中心に転職活動をしましょう。

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ