MENU

円満退職できる!上司を納得させる上手な退職理由の伝え方

2016年12月28日更新

「上司を納得させて円満退職したい」
「円満退社するために上手に退職理由を伝えたい!」

退職をするなら円満退職を目指したいですよね。円満退社するのに重要なのが、上司を納得させる上手な退職理由の伝え方です。今回は円満退職を目指す人向けに、上司を納得させる上手な退職理由の伝え方をご紹介します。

今までありがとうと円満退職させてくれた上司

直属の上司に伝える

円満退職を目指すのであれば、まずは直属の上司に退職理由を伝えましょう。直属の上司をすっ飛ばして、さらに上の上司に伝えると直属の上司の期限を損ね、円満退職しづらくなるので注意しましょう。

退職理由を伝えるタイミングを考える

退職理由を伝えるタイミングも重要です。最低でも退職予定日の1ヶ月前には伝えておきましょう。引き継ぎはしっかりとするというアピールにもなります。

また、繁忙期を避け、なるべく上司が忙しくない時間帯に退職理由を伝えましょう。忙しいときに伝えようとすると上司が不機嫌になりやすく円満退職をしづらくなります。

直接伝える

退職理由を伝えるのは電話でもメールでもなく、直接伝えることが重要です。退職理由をメールで伝えると円満退職は難しいでしょう。LINEで伝える人もいるみたいですが、論外ですので注意しましょう。

また、上司が忙しい場合は、メールで「大事なお話があります」と伝えましょう。

円満退職しやすい理由を選ぶ

「やりたい仕事が見つかった」「キャリアアップしたい」など差し障りのない円満退職しやすい理由を選ぶことも重要です。

嘘はつかない

退職理由は嘘をついてはいけません。嘘はいつかバレるので本音を伝えることが重要です。

ネガティブな退職理由は言い換える

ただし、ネガティブな退職理由を本音そのままに伝えてはいけません。上司が嫌な気持ちにならないような理由に言い換えることが重要です。

今の会社ではできない退職理由にする

退職理由を言い換えるときに重要なのが、今の会社では実現できない理由を伝えるとよいでしょう。今の会社ではできないキャリアやスキルを磨きたいという形にすると「仕方ないか」と納得されやすくなります。

また、家族の看護や介護などやむを得ない事情の場合は、今の会社に勤めながらは難しいので退職すると言った形で伝えましょう。

悪口を言わない

退職理由を話すと自然と「給料が安いから」「仕事がつまらないから「Aさんが苦手だから」と悪口が出てしまうことがあります。悪口を言われた上司はいい気分がしません。なので、退職理由を伝えるときは悪口を言わないように注意しましょう。

円満退職を目指している人、上司を納得させる上手な退職理由の伝え方をしたい人は参考にしてください。

あわせて読みたい

登録カテゴリ

おすすめページ