MENU

面接で「最近読んだ本は何ですか?」「好きな本は何ですか?」と本の質問をされたときの答え方

2018年02月05日更新

「最近読んだ本は何ですか?」
「好きな本(愛読書)は何ですか?」
「感動した本は何ですか?」
「感銘を受けた本は何ですか?」

など転職活動、就職活動の面接で本に関する質問をされることがあります。本に関する質問をされたときの答え方をご紹介します。エントリーシートで同じ質問があったときにも利用できます。

読書している女の子

質問の意図

面接官が本に関する質問をするのには理由があります。

1. 面接官が本好き

面接官が本好きの場合、本に関する質問をすることが多いです。面接官にとって読書することは大切なことなので、応募者が同じように読書を大切にしているかを確認しています。

そのため、面接官が本好きな場合は、しっかりとした回答をしなければ評価が低くなってしまいます。

2. 読書習慣があるか確認している

仕事では日々の読書やビジネス書で学ぶことも大切です。そのため、今後の成長性や勉強意欲があるかを確認するために読書習慣があるかをチェックしていることもあります。

3. アイスブレイク

重い質問が続いたときのアイスブレイクとして本に関する質問をすることも多いです。この場合は特に深い意味はありません。

4. 聞いてはいけないことだと知らずに質問をしている

実は面接で好きな本や愛読書についてを質問してはいけません。聞いてはいけないことを知らずに面接官が質問をしているケースもあります。

ただ、好きな本を答えることに抵抗がない人がほとんどなので、普通に回答するのがおすすめです。「就職差別になってしまう面接で聞いてはいけない質問集」も参考にしてください。

本の選び方

次に本の質問に答えるときの本の選び方をみていきましょう。

仕事に役立つ本

ビジネス書、自己啓発書、専門書など仕事に役立つ本を選ぶのが安全です。

また、仕事に役立つことが説明できるのであればビジネス書でなくても構いません。例えば、営業職であれば心理学関連の本も仕事に役立つと言えます。

あまりビジネス書や自己啓発書などを読んだことがないという人は、社会人の定番本を読んでおきましょう。「7つの習慣」「人を動かす」は面接官でも読んでいる可能性が高いので会話が盛り上がりやすくなります。

小説

次に無難なのが小説系です。感動した本で利用しやすいです。

NGな本

マンガ・ラノベなど仕事に役立つ印象を与えにくい本や娯楽好きな印象を与えてしまう本は選ばないでください。ただし、ビジネス書のマンガ版は選んでもよいです。

また、政治・宗教本などを選ぶのもNGです。政治・宗教は特に個人的な考え方が出るため、面接官が批判的な考えを持っている本のことを話すとマイナス評価になりやすいからです。

それ以外に雑誌もNGです。本というよりは雑誌という扱いになります。そのため、ビジネス関連の雑誌であってもNGとなります。

ただし、NGな本であっても応募先の業務に関連している本であれば答えても構いません。例えば、アニメ関連の会社ならマンガを答えてもOKとなります。

答え方

  1. 書籍名+著者名
  2. 本の感想

という基本構成に沿ってまとめていきます。あとは質問別の答え方のポイントが重要となります。

「最近読んだ本は何ですか?」の場合

本を読む頻度にもよりますが、「最近=1年以内」と考えて構いません。

また、最近読んだ本が古い本であっても構いません。本の数は非常に多く、本が出たタイミングが読むタイミングとなることは少ないからです。

また、最近読んだ本でも内容をしっかりと覚えていないのであれば、内容をしっかりと覚えている本を答えたほうがいいです。「最近=最新の本」と考えすぎないようにしましょう。

「好きな本は何ですか?」の場合

「好きな本(愛読書)は何ですか?」と質問されたときは、「仕事に役立つ本」「小説」を答えるのがおすすめです。「NGな本」を答えるのは避けましょう。

「感動した本は何ですか?」の場合

「感動した本は何ですか?」
「感銘を受けた本は何ですか?」

と質問されたときは、感動した本を答えるようにしましょう。感動ポイントを伝えやすい小説を答えることが多いですが、ビジネス書や自己啓発書でも構いません。感動のポイントは人それぞれだからです。

著者名まで伝える

同じタイトルの本も多いので著者名まで伝えてください。また、著者名を伝えることで本を知らなくても「あの人が書いた本か」とイメージしやすくなります。

具体的な感想を伝える

「○○を読んで感動しました」
「○○を読んで感銘を受けました」

などざっくりした感想を伝えてはいけません。本のどの箇所に感動したのかなど具体的に本の内容を言及したうえで感想を伝えてください。そうしないとちゃんと本を読んでいるのかなと疑われてしまいます。

30秒~1分程度で答える

本関連の質問は長く答える必要はありません。30秒~1分程度(150~300文字程度)で簡潔に答えるようにしてください。

深掘り質問対策をしておこう

面接官が本を読んでいる場合、深掘り質問をされやすいです。本の内容はしっかりと覚えておきましょう。

例文

質問別の回答例をみていきましょう。

最近読んだ本は何ですか?

最近読んだ本は稲盛和夫の「生き方」です。稲盛氏が仕事をするうえで学んだ人としての正しい考え方がわかりやすくまとめられています。私は名経営者であってもプリミティブな考え方を重視していることに驚きました。最近では「人として正しい考え方で判断する」という考え方をすることを心がけています。正しい生き方をすることで人生が好転していることを実感しています。

好きな本は何ですか?

好きな本はデール・カーネギーの「人を動かす」です。本の項目で「聞き手にまわる」「相手にしゃべらせる」「期待をかける」は特に意識をするようにしています。自分の考え方を変え、相手を尊重することで、人の言動でマイナスの感情を持つことが減りました。人間関係を円満にするうえで非常に役立っており、何度も読み返しています。

感動した本は何ですか?

感動した本はスティーブン・R・コヴィーの「7つの習慣」です。まず自分を変えることで相手を変えるというアプローチに驚きました。また、優先するべきことは「緊急ではないが重要なこと」ということにも気付かされました。これまで原理原則を考えることなく行動してきましたが、7つの習慣に書いてある原理原則を実践することで以前よりも素晴らしい人生を送ることができるようになりました。

まとめ

「最近読んだ本」「好きな本」など本に関する質問をされたときは、「仕事に役立つ本」「小説」を中心に回答をしましょう。また、具体的な内容にまで言及したうえで感想まで伝えましょう。

関連ページ

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ