MENU

面接で結婚予定や妊娠・出産など女性限定の質問をされたときの上手な答え方

2018年02月05日更新

転職活動、就職活動の面接で「結婚予定はありますか」「子供ができても働きますか」と質問されることがあります。主に女性限定の質問です。面接で結婚予定や妊娠・出産など女性限定の質問をされたときの上手な答え方をご紹介します。

質問の意図

「結婚予定はありますか」
「結婚しても働きますか」
「結婚したら家庭に入りますか」
「妊娠しても仕事を続けますか」
「出産後も働く意志はありますか」
「子供ができても働きますか」

など結婚・妊娠・出産など女性限定の質問の種類は多いです。どんな意図があってこれらの質問をしているのでしょうか?

聞いてはいけない質問であることを知らない

面接で聞いてはいけない質問」でも紹介していますが、男女差別につながるような質問はしてはいけないと厚生労働省が定めています。男女雇用機会均等法に抵触してしまうからです。そのため、女性に対してのみ結婚予定を質問してはいけないことになっているのです。

*男性にも同じ質問をするのであれば聞いても問題ありません。

ただし、聞いてはいけないことだとわかっていても質問をする企業が多いのが現状です。それは以下のような意図があるからです。

長く働いてくれるか確かめたい

男性は結婚をしても会社を辞めるケースは少ないです。むしろ家族を養うために今までよりも必死に働くことが多いです。

しかし、女性の場合は結婚をするタイミングで会社を辞めることが多いです。いわゆる寿退社です。また、結婚以外でも妊娠や出産のタイミングで会社を辞めることも多いです。

女性のほうが男性よりも会社を辞めるタイミングが多いのは事実です。そのため、長く働いてくれる女性であるかを確かめるために結婚予定や妊娠・出産に関する質問をしています。

答えるポイント

答えるのが基本

女性限定の質問は聞いてはいけないことだと知っていても、質問されたら答えるのが基本です。面接官が聞いてはいけないことだと知らずに質問をしていることもあるからです。悪印象とならないように普通に回答しましょう。

結婚予定があるなら正直に伝える

現在の彼氏と結婚することが決まっている場合は、正直に結婚することを伝えましょう。うそをついても仕方ありませんし、結婚することをわかったうえで採用してくれる会社に入るべきだからです。

結婚後も会社を辞める意志がないことを伝える

「結婚後も会社で働きたい」と伝えることが重要です。結婚後も働きたいとアピールすることで、志望度の高さをアピールすることができます。また、長く働いてくれそうと思わせることができます。

実際は結婚してみないとわからないですが、先のことは誰にもわかりません。今そう思っているなら考えが変わってもうそをついていることにはなりません。

妊娠・出産後も働きたいと伝える

結婚予定があることがわかると妊娠・出産後のことも質問されます。この場合も、妊娠中や出産後も働く意志があることを伝えましょう。こうすれば長く働いてくれる人だと思わせることができます。

実際は妊娠や出産をしてみないとわからないのが正直なところです。つわりが酷いこともあるし、子育てに専念したかったけど共働きで保育園に預けるほうが楽という人もいます。

そのため、妊娠・出産後も働くかどうかはわかりませんが、今考えていることを伝えればよいでしょう。今そう思っているなら考えが変わってもうそをついていることにはなりません。

回答例

結婚が決まっている場合

「来年の○月に結婚を予定しています。結婚後も家庭と両立させながら働くつもりです。」
「来年の○月に結婚を予定しています。結婚後も家庭と両立させながら働くつもりです。また、出産した場合も子育てと両立して働きたいと考えています。」

→結婚することが確定している場合のみ伝えましょう。また、結婚後だけでなく妊娠・出産後も働く意志があることを伝えましょう。

結婚予定がない場合

「今のところ結婚する予定はありません。結婚した場合でも仕事は続けるつもりです。」

→結婚する予定がないことを伝えましょう。また、結婚をした場合に結婚後も働く意志があることを伝えましょう。

回答したくない場合

「(就活向け)この質問は女性限定で男女雇用機会均等法に抵触する質問なので、面接で質問してはいけないことだと大学で教えてもらいました」
「(転職者向け)この質問は女性限定で男女雇用機会均等法に抵触する質問なので、面接で質問してはいけないと面接官を担当したときに法務部より教えてもらいました」

→どうしても回答したくない場合は、面接で聞いてはいけない理由を伝えましょう。ただ、面接官が男性にも同じ質問をしているのであれば、この論理は通用しなくなります。

まとめ

結婚予定や妊娠・出産後のことなど女性限定の質問をしてはいけないことになっています。しかし、長く働いてくれる女性を採用するために、結婚・妊娠・出産に関する質問をする企業は多いです。

そのため、結婚・妊娠・出産など女性限定と思われる質問をされたときでも、普通に答えるのがおすすめです。

関連ページ

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ