MENU

面接で「苦手なことは何ですか?」と質問されたときの答え方

2018年02月05日更新

転職活動、就職活動の面接で「苦手なことは何ですか?」「不得意なことはありますか?」と質問されることがあります。面接で「苦手なことは何ですか?」と質問されたときの答え方をご紹介します。エントリーシートで同じ質問があったときにも利用できます。

質問の意図

致命的な短所はないか

苦手なことを確認することで、応募者に致命的な短所がないかを確認しています。

苦手なことを認識しているか

苦手なことを認識しているかを確認しています。苦手なことを自分で気づかないほうがたちが悪いです。

苦手なことを改善しようとしているか

苦手なことをそのまま放置していないかをチェックしています。苦手なことがあっても改善しようとする前向きな人かどうかを確認しています。

答え方

  1. 苦手なこと
  2. 苦手なことの改善努力を伝えるエピソード

という基本構成に沿ってまとめていきます。基本的に「短所」と同じ要領で答えていくことになります。また、すでに短所を質問されているときは別の短所を選びましょう。「面接で短所を質問されたときの答え方」も参考にしてください。

「短所」から生まれる「苦手なこと」を答える

「短所」から生まれる苦手なことを答えてください。「短所」を「苦手なこと」に言い換えるだけでは意味が通りません。

×:苦手なことは「優柔不断」です。人の意見を重視するため決断が遅くなりやすいです。
◯:苦手なことは「素早く決断」することです。

致命的な短所は伝えない

苦手なことを伝えるときは、致命的な短所となってしまう苦手なことを伝えるのはやめましょう。無難な短所となる苦手なことを伝えてください。

苦手なことの改善努力を伝える

ただ、苦手なことを伝えるだけではマイナス評価となってしまいます。苦手なことを改善しようと努力していることを必ず伝えてください。

例文

苦手なことは「素早く決断」をすることです。少々優柔不断なところがあるので、早く決断をするために、自分の意見を決めたうえで人の意見を聞くようにし、正しいと思う決断を選ぶようにしています。その結果、以前よりも素早く物事を決めることができています。

→「苦手なこと」を中心に「優柔不断」の例文を違和感のない文章に調整しています。

似ている質問

同じ苦手シリーズとして「面接で苦手な科目・苦手な教科を質問されたときの答え方」も参考にしてください。

まとめ

「苦手なこと」を質問されたときは短所と同じ要領で回答をしましょう。また、「得意なこと」をセットで質問されることも多いので「面接で得意なことは何ですか?と質問されたときの答え方」も参考にしてください。

関連ページ

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ