MENU

面接で親の職業を質問された場合の上手な答え方

2018年02月05日更新

転職活動、就職活動の面接で「親の職業を教えてください」と質問されることがあります。親の職業については質問してはいけないことになっていますが、面接で親の仕事について質問された場合の企業側の意図と上手な答え方をご紹介します。

質問の意図

聞いてはいけないことを知らない

面接で聞いてはいけない質問」で紹介していますが、親の職業に関することは質問してはいけないことになっています。

応募者本人にどうしようもない問題であり、応募者の適性・能力と関係のないことだからです。家族のことで採用するべきか決めるのであれば、就職差別につながってしまいます。

しかし、面接官が聞いてはいけないことだと知らずに質問しているケースは多いです。この場合は、応募者をリラックスさせるために選考と関係ない質問をしていることが多いです。特に選考に影響があるわけではありません。

採用するべきか判断している

聞いてはいけない質問であることを理解した上で、応募者を採用するべきか判断するために親の職業に関して質問をしているケースもあります。

例えば、親が競合他社で働いていないかを確認するケースがあります。企業の機密情報を扱う部署や会社の重要技術に携わる開発職などは、外部に情報を漏らさない人を採用しなくてはいけません。

他人には口が堅くとも家族には油断して機密情報を話してしまう可能性は高くなりやすいです。そのため、念のため親が競合会社で働いていないか確認しています。

また、両親が反社会的勢力ではないかと確認していることもあります。反社会的勢力であれば、子供を通じて企業を脅そうとする可能性もあります。

また、家族が会社を経営しているなら、将来会社を継ぐために辞めてしまうリスクもあります。長く働く人を採用するために確認しているケースもあります。

それ以外にも両親がちゃんと働いているのかを確認することで、家庭環境に問題がないか確認するケースもあります。

答え方

答えるべき

聞いてはいけないことだと知っていても、親の職業を質問されたら答えるべきです。面接官も聞いてはいけないことだと知らずに質問しているケースも多く、「両親のことなので答えたくありません」と回答すると悪印象となってしまいます。

詳しい仕事内容まで答えない

「両親は○○で働いており△△の仕事をしています」など詳しい仕事内容まで答えなくても大丈夫です。「父は会社員をしています」と答えればよいです。

深掘り質問を避けるために「電機メーカーで営業職をしています」と少し具体的に回答するのも手です。

具体的な仕事内容を聞かれても答えないで構いません。また、詳しい仕事内容を聞いたことはないと逃げるのも手です。

例文

一般的な答え方

「父は会社員をしています」
「父は公務員をしています」

→一番簡潔な答え方です。具体的に答えたくない人は両親が会社員や公務員であることを伝えればOKです。

「父は高校教師をしています」
「父は電機メーカーで営業職として働いています」
「母はスーパーでパートタイマーをしています」

→深掘り質問を避けたい人は、少し具体的に回答するのも手です。

NG回答例

「親の職業を答えたくありません」

→質問に答えないとどうしても悪印象となってしまいます。

「親の職業など家族に関することは質問してはいけないと厚生労働省で定められています。そのことをご存知ないのですか?」

→無知な面接官も悪いのですが、面接官を悪く言うような人を採用したいと感じる面接官はいません。

どうしても回答したくない場合

「(就活向け)親の職業など家族に関する質問は就職差別につながる質問なので、面接で質問してはいけないことだと大学で教えてもらいました」
「(転職者向け)親の職業など家族に関する質問は就職差別につながる質問なので、面接で質問してはいけないと面接官を担当したときに法務部より教えてもらいました」

→面接で聞いてはいけない質問であることを伝え、回答しなくてもよい流れに持っていきましょう。

まとめ

親の職業については面接で聞いてはいけないことになっていますが、知らずに質問をしてくる面接官は多いです。悪印象とならないように親の職業に関する質問をされても、普通に答えることをおすすめします。

関連ページ

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ