MENU

面接で「得意なことは何ですか?」と質問されたときの答え方

2018年02月05日更新

転職活動、就職活動の面接で「得意なことは何ですか?」と質問されることがあります。面接で「得意なことは何ですか?」と質問されたときの答え方をご紹介します。エントリーシートで同じ質問があったときにも利用できます。

質問の意図

得意なことが会社に活かせるかどうかを確認しています。また、得意なことから応募者の人間性もチェックしています。

答え方→特技・趣味を答えればOK

特技・趣味を質問されていない場合は、特技・趣味と同じ要領で答えればOKです。ただし、「特技」「趣味」は「得意なこと」に言い換えてください。

×:特技は「プログラミング」です。~~
◯:得意なことは「プログラミング」です。~~

また、すでに特技・趣味を質問されている場合は、別の特技や趣味を答えればOKです。答え方については「面接で特技・趣味を質問されたときの答え方」を参考にしてください。

例文

得意なことはプログラミングです。休日には自分でサービスを作るのが好きです。今まで10個ほどサービスを作っています。

→得意なことを中心に「パソコン(PCスキル)」の例文を違和感のない文章になるように調整しています。

まとめ

「得意なこと」を質問されたときは、特技・趣味を答えましょう。「面接で特技・趣味を質問されたときの答え方」を参考にしてください。

また、「苦手なこと」をセットで質問されることも多いです。「面接で苦手なことは何ですか?と質問されたときの答え方」も参考にしてください。

関連ページ

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ