MENU

面接で「座右の銘」「好きな言葉」を質問されたときの答え方

2018年02月05日更新

転職活動、就職活動の面接で「座右の銘は何ですか?」「好きな言葉は何ですか?」と質問されたときの答え方をご紹介します。エントリーシートで同じ質問があったときにも利用できます。

質問の意図

応募者の考え方を知りたい

「あなたの座右の銘は何ですか」
「あなたのモットーを教えてください」
「好きな言葉は何ですか」

と面接官が質問するのは、あなたが

「どんな価値観を持っているのか」
「どんな人柄なのか」
「どんな行動基準・判断基準を持っているのか」

などを知りたいからです。

聞いてはいけないことだと知らずに質問をしている

実は面接で座右の銘や好きな言葉を質問してはいけません。聞いてはいけないことを知らずに面接官が質問をしているケースもあります。

ただ、座右の銘や好きな言葉を答えることに抵抗がない人がほとんどなので、普通に回答するのがおすすめです。「就職差別になってしまう面接で聞いてはいけない質問集」も参考にしてください。

座右の銘とは

座右の銘がやばいやつ

座右の銘とは、自分を戒める、励ますためにいつも心にとどめておく言葉のことです。自分の判断基準や行動指針として利用します。

「四字熟語」
「名言・好きな言葉」
「行動指針・判断基準」

などが座右の銘となります。「モットー」も同じ意味となります。

好きな言葉≒座右の銘

「好きな言葉」を質問されたときも基本的に「座右の銘」と同じ答え方とすればOKです。座右の銘は自分の好きな言葉を選ぶことがほとんどだからです。

座右の銘の選び方

座右の銘になる言葉は基本的に以下のパターンから選びます。仕事でも役立つような言葉を選ぶのがおすすめです。

1. 四字熟語

「敬天愛人」
「温故知新」
「一期一会」

など四字熟語を座右の銘に利用することが多いです。すでに四字熟語として意味が決まっているため、座右の銘としても利用しやすいです。四字熟語は豊富なので選びやすいです。

2. 名言・好きな言葉

「未来とは今である」
「とにかくやってみよう」
「できるできないではなく、やるかやらないか」

など偉人の明言や有名人が言った好きな言葉も座右の銘としやすいです。言葉を選んだ理由を説明できるなら何を選んでも構いません。また、自分で作った言葉でも構いません。

3. 行動指針・判断基準

「人に優しくする」
「誰にも負けない努力をする」
「人として正しい生き方をする」

など自分の行動指針や判断基準を座右の銘とするのも手です。自分が行動するときの中心的な考え方となるため、座右の銘としても説明しやすいです。

*行動指針・判断基準は「四字熟語」「名言・好きな言葉」から選んでも問題ありません。

座右の銘の答え方

  1. 座右の銘
  2. 座右の銘を選んだ理由
  3. 座右の銘が役立ったエピソード

という基本構成に沿って書いていきましょう。「座右の銘」を「好きな言葉」に言い換えれば「好きな言葉」に対する回答となります。

「座右の銘はありません」はNG

座右の銘について考えたことがない人でも「座右の銘はありません」と答えてはいけません。どんな言葉でもいいので必ず座右の銘を伝えましょう。

座右の銘が難解な場合

座右の銘が難解な言葉だったり、解釈が難しい場合は、その言葉の意味まで伝えましょう。

「座右の銘は◯◯です。この言葉の意味は△△となります。」

座右の銘を選んだ理由を伝えよう

座右の銘だけ伝えてもよいのですが、座右の銘を選んだ理由まで伝えるようにしましょう。

座右の銘を選んだ理由を説明しないと「座右の銘に選んだ理由を教えて下さい」と面接官から質問されることになるので、最初から理由まで説明してあげましょう。

座右の銘が役立ったエピソードを伝えよう

座右の銘が役立ったエピソードまで伝えると効果的です。座右の銘を日々活かしていることもアピールできます。

30秒~1分以内で答えよう

座右の銘はあまり長く答える質問ではありません。30秒~1分以内(150~300文字程度)で簡潔にまとめましょう。

例文

四字熟語(座右の銘)

座右の銘は「敬天愛人」です。言葉の意味は天を敬い人を愛することです。尊敬する西郷隆盛のようにお天道さまに恥ずかしくない生き方をし、公平に人を愛するような生き方を心がけています。私心を挟まないような判断を求められますが、敬天愛人の精神で判断することでよりよい判断ができるようになり、人付き合いもうまくいくようになりました。

行動指針(好きな言葉)

好きな言葉は「人間として正しい判断をする」です。敬愛する稲盛和夫氏が大切にしている言葉です。「嘘をつかない」「人を騙してはいけない」「物を盗ってはいけない」など人間として当たり前の考え方を守るようにしています。日々正しい考え方を守ることで人に迷惑をかけることも少なくなり、自分に恥じず生きることができるようになりました。正しい判断で提案をするようになってから営業成績も伸びています。

まとめ

「座右の銘」「好きな言葉」を質問されたときは、四字熟語や名言などから言葉を選びましょう。また、「座右の銘」「好きな言葉」を選んだ理由まで伝え、「座右の銘」「好きな言葉」が役立ったエピソードまで伝えましょう。

関連ページ

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ