MENU

「自己紹介」と「自己PR」の違い

2018年05月22日更新

転職活動、就職活動の面接で「自己紹介をしてください」と言われたときに間違えて「自己PR」を答えてしまう人も多いです。

質問の意味を間違えて回答すると、コミュニケーション能力が低い人だと悪印象となってしまいます。地味に間違えやすい「自己紹介」と「自己PR」の違いをご紹介します。

自己紹介とは

自己紹介とは、自分のことを紹介することです。基本的に面接の一番最初で質問されます。

転職であれば、名前・職務経歴・志望動機などを簡潔に紹介します。就活であれば、名前・学歴・学業以外の活動・志望動機などを簡潔に紹介します。

テレビ番組が始まるときに放送内容の概要が流れますが、自己紹介はこの放送内容の概要と同じです。面接官に興味を持ってもらい、いろんな質問をしてもらうために自己紹介をします。

自己PRとは

自己PRとは、自分を自分でPRすることです。企業に採用してもらえるように自分のアピールポイントを説明し、どんな貢献ができるかを伝えます。

まとめ

自己紹介と自己PRの質問の意図は違います。自己紹介は「自分の職歴・学歴+志望動機など」を簡潔に伝えます。一方、自己PRは自分のアピールポイントを伝えます。

「自己紹介をしてください」と言われたときに「自己PR」と間違えないように注意しましょう。

転職活動の面接で「自己紹介をしてください」と言われたときの答え方・例文」「就活の面接で「自己紹介をしてください」と言われたときの答え方・例文」も参考にしてください。

関連ページ

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ