MENU

面接で「社会人と学生の違いとは?」と質問されたときの答え方

2018年02月05日更新

主に就職活動の面接で「社会人と学生の違いとは?」「社会人とは?」と質問されることがあります。正解が1つではないので非常に答えにくい質問です。

面接で「社会人と学生の違いとは?」と質問されたときの答え方をご紹介します。エントリーシートで同じ質問があったときにも利用できます。

質問の意図

面接官は「社会人と学生の違い」の正解を求めているわけではありません。

社会人になる覚悟があるか

学生と社会人の違いをきちんと理解できているかで、社会人になる覚悟が本当にあるかを確認しています。学生気分のまま働く人は、すぐに会社を辞めてしまうリスクがあるからです。

また、どんな回答をするかで社会人としての責任やマナーが理解できているかもチェックしています。

思考力があるか

漠然とした質問をすることで、応募者に思考力があるかも確認しています。自分で考える力がない人は、仕事ができないことが多いからです。

答え方

  1. 社会人と学生の違い
  2. そう考える理由
  3. どんな社会人になりたいのか

という基本構成に沿って回答をしていきます。

社会人と学生の違いの選び方

「社会人と学生の違いは仕事への責任です」
「社会人の学生の時代は社会へ貢献することです」

など仕事に対して前向きで社会人としての責任・モラルがわかるようなことを説明してください。

そう考える理由を伝えよう

「社会人と学生の違いは○○です」と答えるだけでは、回答としては弱いです。そう考える理由を具体的に伝えましょう。思考力があることもアピールできます。

また、アルバイトやインターン経験でそう考えるようになった具体的なエピソードがある場合は、エピソードまで説明するのがおすすめです。

どんな社会人になりたいか

最後にどんな社会人になりたいかを伝えましょう。このときに会社に対して貢献できるような社会人になりたいとアピールすると効果的です。

簡潔に答える

あまり長く答えるべき質問ではありません。30~40秒程度(150~200文字程度)で簡潔に答えましょう。

例文

社会貢献

社会人と学生の違いは「社会貢献」です。
学生までは親や社会から与えられる側の人間として生活をしてきました。
しかし、社会人になると自分の力で生きていくことができます。世の中に役立つ仕事をすることで社会貢献につながります。また、給与を頂き税金を納める事で地域社会へ貢献することができます。
世の中に役立つ仕事をすることで社会貢献ができる社会人になりたいと考えています。

→社会貢献という大義から説明しています。ボランティア的な社会貢献ではなく、納税や仕事を通じて社会貢献をしたいというところに社会人になる責任感を感じることができます。

責任

社会人とは「仕事への責任」を持つことです。
学生でもアルバイトやインターンをしますが、大きな仕事の責任はありません。
しかし、社会人として働くことは、仕事に対する大きな責任が生まれます。社会に役立つ質の高いサービスを時間通りに提供し、お客様に喜ばれることが必要です。
私は仕事に対する責任を持つことで、お客様から信頼されるような社会人となり、御社に貢献したいです。

→仕事への責任という社会人らしいキーワードを利用しています。学生気分のまま働かなそうな印象となります。

NG回答例

「社会人と学生の違いは給与がもらえることです」
「社会人は学生と違って自分の時間が少ないことです」

→仕事に対して後ろ向きさを感じるような回答や、学生と社会人の違いに関する事実(時間、給与など)だけを述べるようなことを伝えないでください。

似ている質問

似ている質問として「面接で「社会人として大切なことは何だと思いますか?」と質問されたときの答え方」も参考にしてください。

まとめ

「社会人と学生の違い」を質問されたときは、仕事に対して前向きで社会人としての責任やモラルが感じられることを伝えてください。就職活動を通じて学生から社会人になる覚悟ができていることをしっかりとアピールしましょう。

関連ページ

転職サービスランキング1位

キャリトレ
4.9
32歳までにおすすめの転職サービス!

転職サービスランキング2位

リクナビネクスト
4.8
NO1転職サイト!転職者の8割が利用!

転職サービスランキング3位

キャリアカーバー
4.7
年収600万円以上なら登録必須!

主要ページ