MENU

面接で転職理由・退職理由を「キャリアアップ(ステップアップ)」にした場合の伝え方

2018年02月09日更新

転職活動の面接で「キャリアアップ(ステップアップ)」を転職理由・退職理由にする人は多いです。前向きな理由なので定番化していますが、本当に適切な理由なのでしょうか?面接で転職理由・退職理由を「キャリアアップ」にした場合の伝え方をご紹介します。

キャリアアップは漠然としすぎ

「転職理由はキャリアアップしたいからです」
「退職理由はステップアップしたいからです」

と伝えれば前向きな理由のように思いますが、採用担当者からすると漠然とした理由だなと感じてしまいます。これではいくら前向きな転職理由・退職理由でも落とされることが多いです。

キャリアアップできればどこでもいいように感じてしまう

「キャリアアップ」を転職理由・退職理由にすると「キャリアアップできるならどこの会社でもいいのでは?」と思ってしまいます。そのため「キャリアアップ」をメインの理由にするのはおすすめできません。

志望動機を具体的に伝えるのがおすすめ

「○○の仕事にキャリアアップしたいと思ったからです」
「○○の技術を活かせる仕事にキャリアアップしたいから」
「マネジメント経験を積める会社にキャリアアップをしたい」

など具体的に志望動機を伝えた上でどんな「キャリアアップ」をしたいのかを伝えるのであればOKです。志望動機との一貫性や志望度の高さをアピールできます。「面接で転職理由・退職理由を質問されたときの上手な答え方」も参考にしてください。

前職で実現できるキャリアアップはNG

転職理由・退職理由内に「キャリアアップ」という言葉を入れたいのであれば、前職で実現できないキャリアアップでなければいけません。前職でも実現できるキャリアアップであれば、転職をする必要性を感じないからです。

例えば、「マネジメント職にキャリアアップしたいからです」と伝えても、努力さえすれば今の会社でもマネジメント職に上がることはできると面接官は感じてしまいます。

しかし「年功序列のため10年待たなければマネジメント職になれないからです。御社は実力主義のため、実力次第でマネジメント職にキャリアアップすることができるからです」と伝えれば、前職ではなかなか実現できないキャリアアップだなと思ってもらえます。

40代以上のキャリアアップは痛い

40代以上になったら「キャリアアップ」という言葉を転職理由・退職理由に入れるのは痛いのでやめましょう。「夢見るおっさんかよ」って突っ込みたくなります。

例文

志望動機を中心にすれば「キャリアアップ」という言葉を利用しても構いません。転職理由も退職理由も伝えていることは同じですが、言い方のニュアンスがほんの少しだけ変わります。

転職理由

外部対策を中心としたSEO営業を続けていましたが、客様の本当に役立つ内部対策を中心としたSEO提案をしたいと感じるようになったのが転職しようと感じたきっかけです。以前より御社がお客様を重視した本質的な内部対策を提案していることに魅力を感じていました。長期的にお客様の役に立つSEO提案ができるコンサルタントにキャリアアップしたいと思い御社を志望しました。

退職理由

外部対策を中心としたSEO営業を続けることに疑問を感じ、お客様の役に立つ内部対策を中心としたSEO提案がしたいと思うようになり、退職を考えるようになりました。以前より御社がお客様を重視した本質的な内部対策を提案していることに魅力を感じていました。長期的にお客様の役に立つSEO提案ができるコンサルタントにキャリアアップできる御社に転職したいと思うようになり退職することを決めました。

よくあるNG例

SEO営業からSEOコンサルタントにキャリアアップしたいと思うようになったのが転職理由です。御社のSEOコンサルティングの技術は高く業界内の評判も高いです。御社のSEOコンサルタントにキャリアアップしたいと考え、御社を志望しました。

→これでは営業職からSEOコンサルタントにキャリアアップできるならどの会社でもいいと言っているようなものです。応募先の会社でなければいけない転職理由が必要です。

まとめ

「キャリアアップ」をメインの転職理由・退職理由にするのはやめましょう。志望動機を中心としてください。「面接で転職理由・退職理由を質問されたときの上手な答え方」も参考にしてください。

関連ページ

おすすめページ

主要ページ