MENU

退職理由・転職理由は、嘘をつかずネガティブな本音をポジティブ変換しよう!

2017年09月06日更新

転職活動の面接でほぼ質問されるのが

「退職理由は何ですか?」
「転職理由は何ですか?」

です。伝え方を考えないとネガティブな印象になってしまうので注意が必要な質問項目です。面接で退職理由・転職理由を上手に伝えるコツをご紹介します。

転職理由と退職理由の違い

転職理由と退職理由の違いを厳密に考えると、

となります。実際のところ、面接官もそこまで厳密に考えて質問しているわけではないので、どちらの理由を質問されても

「簡潔な退職理由+ポジティブで具体的な転職理由」

で答えるのがおすすめです。

ネガティブな退職理由なら嘘をつくべき?

よくある質問に、ネガティブな退職理由で転職を考えている場合に、本音を言わずに嘘をついたほうがよいというものがあります。人間は嘘をつくと、ボロが出るものです。また、世間は狭いため、嘘は意外とバレるものです。そのため、嘘はつかずに本音を伝えるのがおすすめです。

ネガティブな本音はポジティブに言い換えよ

ただし、ネガティブな本音をそのまま伝えると、面接通過できる可能性は低くなります。特に「仕事が合わないから」「給料が安いから」といったネガティブな理由を本音で伝えてはいけません。ここで重要なのがネガティブな理由をポジティブに言い換えることです。例えば、

「仕事が合わない→やりたい仕事を見つけた」
「給料が安い→キャリアアップしたい」

同じ内容であっても伝え方一つで、聞き手の印象は大きく変わります。本音がネガティブであっても、ポジティブに言い換えることが重要です。そうすれば、嘘をつく必要もなくなり、心が痛むこともなくなります。

嘘がつけないなら別の理由を探そう

ネガティブな本音を言い換えようにも、ポジティブに言い換えることができないという人もいます。こんなときは、他の転職理由を考えてみましょう。

転職理由が一つだけというケースは少ないはずです。「給料が安い」という転職理由の場合も、「興味のある仕事がしたい」「きちんと休める会社がいい」というように別の転職理由があるはずです。

一番の転職理由ではなくても、転職理由であることに変わりはありません。ネガティブな転職理由をどうしても言い換えることができないという場合は、ポジティブに言い換えやすい他の転職理由を探しましょう。

これらを踏まえたうえで、転職理由・退職理由を上手に考えていきます。

退職理由は簡潔に

退職理由は簡潔に伝えましょう。具体的に退職理由を伝えようとすると不満がポロッと漏れてしまいやすくなります。そのため、退職理由は簡潔に伝えるくらいにしたほうがいいでしょう。

前の会社の悪口は言わない

退職理由や転職理由を伝える際に、前の会社への悪口や不満を言ってしまうのはNGです。面接官の印象も悪くなります。不平不満を面接で言うと、転職してもすぐに不平不満を言う人だと思われやすいのでご注意を。

ポジティブで具体的な転職理由にする

退職理由よりも転職理由を中心に伝えるとポジティブな内容になりやすいです。ポジティブに説明しやすい転職理由を中心にすれば、転職理由もうまく説明しやすいからです。

また、ポジティブな転職理由を一行で伝えても何の説得力もありません。そこで重要なのが前向きで具体的な転職理由を伝えることです。一般的な理由のほうが効果的だと思われがちですが、具体的な転職理由のほうが面接官としても採用しやすくなります。

例えば、「インターネット広告営業を2年経験する中で、Webサイト集客の基本となるSEOの仕事をやりたいと思うようになりました。転職をするなら、SEO技術で定評のある御社で働きたいと強く感じたため、転職しようと決意しました」というように伝えます。

前向きで、転職先に合わせた具体的な理由を伝えることが重要です。

退職理由を深掘りされたときの対処も考えておこう

意地悪な面接官は

「前の会社をなぜ辞めたのか具体的に教えてください」
「転職しようと思ったきっかけはわかったので、退職しようと思った理由を詳しく教えてください」

と、深掘り質問をされる可能性もあります。「退職理由」を深掘り質問されたときの答え方も考えておけば万全です。

このときは、不満があって辞めたとしても、「仕事が不満でした」ではなく、「◯◯の仕事をしたいと思うようになりました」というように前向きな退職理由に置き換えましょう。そして、自然に転職理由とつなげれば問題ないでしょう。

基本的には、前の会社の不満を伝えるのではなく、転職したくなった理由を、退職理由用に裏返して伝えると良いでしょう。あくまで転職理由主体の転職であることをアピールすればよいのです。

退職理由・転職理由を答えるときは「簡潔な退職理由+ポジティブで具体的な転職理由」になるようにしましょう。こうすれば、どちらの質問がきても対応しやすいです。

次の記事からは、具体的な退職理由例を紹介します。参考にしてくださいね。

おすすめページ