MENU

うそをつかずに本音で答えよう!ネガティブな転職理由・退職理由をポジティブ変換するコツ

2018年02月09日更新

転職活動の面接では転職理由・退職理由を質問されます。ポジティブな理由であれば本音をそのまま伝えることができますが、ネガティブな理由だとうそをつくべきか悩む人も多いです。

うそをつかずに本音で答えられるようにネガティブな転職理由・退職理由をポジティブ変換するコツをご紹介します。

ポジティブな理由なら本音でOK

「○○の仕事がしたいのが転職理由です」
「○○がやりたいと思うようになり退職を決めました」

などポジティブな転職理由・退職理由であれば本音で答えても構いません。

ネガティブな理由はうそをつくべき?

「仕事が合わないのが転職理由です」
「給料が安いから転職したい」
「人間関係が嫌だから退職したい」
「残業が多いのが退職理由です」

などネガティブな転職理由・退職理由をそのまま伝えても面接では落とされてしまいます。本音を伝えると落とされるなら、うその転職理由・退職理由を答えようと考えるのが普通です。

でもうそをつくのは人の道に反しています。西郷隆盛のように正しく生きる姿勢が必要です。また、意外とビジネスの世界は狭いので、巡り巡ってうそがバレることも多いです。

人間としての正しさを追求するジョブインフォの方針としては「うそはつかずに上手に回答する」ことが必要だと考えています。

志望動機を利用してポジティブ変換しよう

ここで考えてほしいのが志望動機を利用し、ネガティブな転職理由・退職理由をポジティブ変換することです。

「○○がやりたいので転職を決意した」
「○○の仕事に興味を持ったので退職を決めた」

というように志望動機を利用すれば、簡単にポジティブな転職理由・退職理由に変換できます。

また、「転勤したくない」「残業したくない」などのポジティブ変換しにくい理由も、志望動機を利用すれば簡単にポジティブ変換できます。転職理由・退職理由別にポジティブな理由を考える必要もなく簡単です。

志望動機を利用してポジティブ変換すればうそをつく必要もありません。また、志望動機との一貫性もアピールできますし、前向きな転職であることもわかります。

志望動機の詳細は「志望動機の書き方」を参考にしてください。

まとめ

ポジティブな転職理由・退職理由であれば本音で伝えて構いません。しかし、ネガティブな転職理由・退職理由であればそのまま伝えては面接で落とされてしまいます。

かといってうそをつくのは人の道に反しています。そのため、志望動機を利用してネガティブな転職理由・退職理由をポジティブ変換してください。

簡単にポジティブな転職理由・退職理由を作ることができます。「面接で転職理由・退職理由を質問されたときの上手な答え方」も参考にしてください。

関連ページ

おすすめページ

主要ページ